スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ひどい会社に就職していた件(笑)
普段は私的な観点から稚拙な論説を展開している当ブログですが、今回は管理人が以前に勤めていたひどい会社で体験したエピソードを書いてみたいと思います。

■エピソード1:研修2時間で営業へ
その会社は営業の会社だったのですが、初日に出社してまず初めに行ったのが営業課長による営業研修でした。(当然の事ながら、書面による契約などは一切ナシ)

ただ、研修とは言っても、教育というよりは営業課長の「とにかく数を回れば、統計的には注文が取れるはず」という熱弁を聞かされただけでした。

そしてその「研修」が終わった途端、会社のチラシの束を渡されて「さあ頑張って営業してきなさい」と住宅街のど真ん中に放り出されたのでした。

■エピソード2:不法侵入を推奨
上記の営業課長の営業スタイルというのが非常にユニークで、「どんな手を使おうと、とにかく訪問した人にドアを開けて顔を出したもらうことが大事」というのがモットーでした。

で、一体どんな手を使うのかというと、門扉に設置されているチャイムを鳴らしたら、相手の応答を待たずズカズカ敷地内に踏み込んで行くのです。そして表札に書かれた名前を「○○さーん!○○さーん!お留守ですかぁ!?」と連呼しながら、ドアをガンガンノックする(笑)

私はもちろん指導されても課長が見張っていない限りマネしませんでしたが、ある日課長と一緒に営業に行った際、訪問先のお客さんに
「玄関にインターホンがあるのに、なんで勝手に入ってくるんですかっ!!!」
と、延々10分くらい怒鳴られた(課長が)事は、今でも強く記憶に残っています。

■エピソード3:駐車場は駅前道路
そして極めつけなのが、その会社は事務所を駅前に借りているにも関わらず、駐車場を借りていなかったのです。

そして営業社員には「この辺は取締りが厳しくないから、路上駐車しておけばいいよ」との指導。

実際には時々警察が巡回していて、ほとんどの社員は違反キップを切られ罰金を支払う羽目に合ってしまいました。当然の事ながら車はマイカーだったので、個人の経歴にも傷が付き、罰金も自腹という悲惨な結末でした。

・・・というように散々な目に遭ったわけですが、はっきり言ってこれは管理人の自業自得だと思います。
そもそも契約がきちんとしていない時点で会社の質を疑うべきですし、営業スタイルも路上駐車も上司に命令されたとはいえ人に迷惑をかけ続けていたわけですから、冷静に考えればさっさと転職するのが正しい選択だったと言えるでしょう。

※ちなみにその「ひどい会社」は既に倒産しています。

不当な事に耐えることは美徳でも何でもありません。自分だけでなく周りの人も不幸にさせてしまうだけだと思います。

ただ、まだ社会人として駆け出しだった管理人にとって、そんなひどい会社もあるということを学べたのは、とても貴重な経験だったと今では感謝しているのも事実です。

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト

テーマ:労働基準法と職場環境 - ジャンル:就職・お仕事

【2008/12/21 12:38】 | ヘンな話 | page top↑
パソコンが苦手な管理職って・・・
経済がグローバル化して、日本の企業が年功序列型から実力主義型に移行しているとはいっても、まだまだ会社の上層部は年配者、若者は下っ端という構図がほとんどでしょう。

ベンチャー企業では例外もあるかもしれませんが、年功序列体質をひきずっている会社では、部長クラスくらいになるとみんな40代後半とか、50代だったりすることも珍しくないと思います。

そうすると、パソコンの操作が苦手だからメールでのコミュニケーションが上手く取れないとか、仕事にパソコンを活かす能力に乏しいという上司が生まれるわけです。



必ずしも年齢が若ければパソコンを使いこなせるというわけではありませんが、テレビゲームに慣れ親しんだ世代とその前では、平均的な電子機器の操作スキルには差があると考えられます。

しかし、上司だから、年配者だからといって「パソコンが苦手」で許されるような会社は、大いに問題があると思います。

なぜなら今の世の中、最低限のパソコン操作スキルは殆んどのビジネスパーソンに必要だと考えられるからです。

社内連絡をメールで行っている会社では、それが上手くできないということはコミュニケーション能力が低いと言う事になってしまいます。

そして、パソコンによる業務の効率化に後ろ向きだったり、その成果をうまく評価できないということは、仕事を管理する能力そのものが低いということになるでしょう。

部下を指導する立場にある人が、人に指示を出したり評価する能力に問題を抱えているということは、極端に言えば、
「営業マンだけど人と話すのが苦手だから、あまり人に会わないようにしている」
とか
「調理師だけどナマモノに触るのが苦手だから、肉や魚は扱わない」

などと言っているようなものです。

もちろん会社によってはパソコンがあまり必要でない場合もあるかもしれませんが、大きな会社になればなるほど人海戦術では対応できなくなるのは明らかです。

能力主義・効率優先の時代に逆行して「パソコン苦手だから」なんてのんきなことを言っている年配の上司は、すぐに老害と呼ばれ今後は駆逐されていくことでしょう・・・

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』

テーマ:お仕事 - ジャンル:就職・お仕事

【2008/07/01 21:00】 | ヘンな話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
変り種職業と収入の関係
世の中には実に色々と変わった職業が存在するものです。
いつも労働基準法違反だ何だという暗い記事ばかりではちょっとつまらないので、今回は変り種職業と収入の例を集めてみました。
ただし、収入に関しては色々なサイト・書籍から拾い集めた情報を元に編集しているので、鵜呑みにして転職したりはしないで下さいね。(笑)

1.ヒヨコのヒナのオス・メスを見分ける「初生ひな鑑別師」
キュートななかまたち ヒヨコ
1時間あたり1000羽ものヒヨコのオス・メスを見分ける職業です。ニーズは高く高収入の職業ですが、養成所で一定期間の勉強が必要だったり25歳までに合格率3割のテストに受からなければならなかったりと、結構ハードルも高いです。
視力も要求される職業なので、高齢になると続けて行くのが難しい場合もあるかもしれません。

初生ひな鑑別師の年収・・・熟練者は1000万円を超えるそうです。

2.遊びじゃない真剣勝負「パチプロ」
マジカルカーペットDX(玉1000個セット)
言わずと知れたパチンコ・スロットのプロ。
手先の技術よりも情報をいかに仕入れるかといった部分も結構重要らしいですね。
また、技術の進歩のためか昔に比べるとかなり稼ぎ辛くなってきているそうで、パチプロの世界も大変そうです。
万が一続けられなくなった時にパチンコしかできないと、転職するのも大変ですよね^^;

パチプロの年収・・・200~1000万円程度。かなり格差があるみたいです。


3.ウォーターハザードは宝の山?「ゴルフボール・ダイバー」
スーパーニューイング iv 330 Aランク ロストボール 6P
なんじゃこりゃ?という職業名ですが、その名の通りゴルフ場の池に沈んだゴルフボールを回収する職業です。海外では年間数十万個のゴルフボールを拾い上げてかなりの収入を得ている人もいるようですが、日本にも存在するんでしょうか?

ゴルフボール・ダイバー・・・500~800万円程度?ゴルフ場に雇われて月給制だったりすると安そうですね・・・

4.噂のアングラ職業の定番「死体洗い」
The都市伝説next
誰もが一度は聞いたことがあると思います。死体洗いの仕事です。
しかし、ホルマリン漬けの死体を洗うというようなアルバイトは実際には存在せず、お葬式の前にご遺体を綺麗にする「湯灌」という作業をアルバイトで行える場合があるというだけの話みたいですよ。

死体洗いの年収・・・350万円程度(日給1~2万円)

5.エネルギーを支える決死隊「原子炉内清掃員」
ESCO 使い捨て防護服 EA996AZ-91~94
原子力発電所の原子炉内の掃除を行う作業員です。
全身を覆う特殊な作業着を着て、雑巾のようなもので拭き掃除を行う作業がメインになるみたいです。被爆量を測定するガイガーカウンターを常に身に付けていて、危険な量に達する前に原子炉から退出するというちょっと、いやかなり怖い仕事です。
時々求人サイトでも原子力発電所内での作業員の求職を見かけますが、その月収は決して高くありません。高給取りは被爆の危険がある原子炉内で作業をする職員に限定されているんでしょうね。

原子炉内清掃員・・・月収で100万円以上?

さて、転職するとしたらあなたはどの職業を選びますか?
私なら・・・ゴルフボールですかねぇ。

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
【2006/08/13 23:31】 | ヘンな話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
私の友人の悪徳アルバイト・エピソード
先日、10年ぶりくらいにある友人に合って、彼がアルバイトで悪徳商法の手伝いをした事があるという話を思い出しました。
そのアルバイトっていうのは、

シロアリ駆除です。

なんでも日給が高いという事でチラシか何かを見て始めた仕事なんですがその仕事の内容は、

「無料で床下を点検しますよー」
と言って民家の床下に入り込む。



フトコロに隠しておいたボロボロの木材をこっそり取り出す。



「奥さん大変ですよ!床下腐ってます!」
と言ってその木材を見せる。



バポナ しろあり きくい虫 300ml
適当に虫除けの粉かなんかを撒いて、高い工事量をせしめる。


という方法です。
いやあ、悪徳商法の見本のようなビジネスですね(笑)

その友人は決して悪人と言うわけではないので数日で心が痛むようになり、辞めることにしました。
で、会社に辞意を伝えにいったところ

その会社は既にトンズラしていたそうです・・・給料一円も貰えず・・・残念。
人を騙して仕事をしていて、最後に自分も騙されちゃった訳です。

彼の場合は数日のアルバイト代の損害だけで済みましたが、工事費を取られたお客さんは可愛そうです。

そして大抵の場合、お客さんにそういう酷いことをする会社と言うのは社員にも容赦なく残酷な対応をします。
よく考えたら、他人を踏み台にして稼ごうと思っている人が人に優しいわけないですもんね^^;

会社で働いていると、その会社がお客さんに対してどういう姿勢で仕事をしているのかという
”会社の本音”が見えてくると感じる事って多いですが、それはきっと社員に対する本音でも有るんでしょうね。

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』

テーマ:お仕事記録 - ジャンル:就職・お仕事

【2006/01/23 21:01】 | ヘンな話 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ボーナスは現物支給?
数年前、日経平均株価が思いっきり低迷していた頃に大手の家電メーカーが、
「ボーナスは自社製品の商品券で支給」
という荒業をやってのけました。

ボーナス払いのローンなんかを組んでいた人はどうしたんでしょうね?
やっぱり多少損してでも換金したんでしょうか・・・

このニュースを聞いた私の知り合いは、
「うちの会社がボーナス現物支給だったらどうしよう・・・」
と言っていました。

ちなみに彼の会社で生産していたのはワンタン・ギョーザの皮です(笑)
さすがに生モノはちょっと困りますよね。

ところで、給料には「通貨払いの原則」というのがあるそうです。つまり
「お給料はその土地で流通している通貨で払いなさい!」
という事ですがボーナスなどの一時金には例外があるようです。
【2005/08/24 21:26】 | ヘンな話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。