スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
転職することで分かること
普通の労働者は給料によって生計を立てています。

そして収入が毎月あることを前提に暮らしていると、解雇や転職によって収入が途切れることを極端に恐れるようになってきます。

だからこそ職場でいじめられていたりサービス残業を強いられていても、
「今の生活が維持できないかもしれない」
という恐怖が先立って泣き寝入りをしたり、劣悪な労働環境を受け入れてしまうのでしょう。

しかし、転職によっていくつかの職場での労働を経験して、初めて分かることもあると思います。

残念ながら現代社会では労働法や派遣法など様々な法律を全て遵守している会社は極めてまれだと思いますが、会社によって大きな温度差があるのも確かです。



私が始めて営業職として就職した会社は、就業規則どころかきちんとした契約書も、雇用保険や社会保険、有給休暇認めていないようなひどい会社でした。
資金繰りの都合で給料日も遅れたりしたので、いつ倒産するかとヒヤヒヤしたものです(笑)

次に就職したのは複数の店舗を持つ販売系の会社。
仕事は店舗管理が主でしたが、労働契約に関する書面や最低限の福利厚生はあったものの、有給休暇は実質的に与えられておらず、賃金の算定も「社長のさじ加減次第」という感じ。

さらにその次は製造業の会社。
各種保険があり有給休暇についても希望通りに取得できましたが、いじめが横行しているなど環境は良いとは言えませんでした。



被害を声高に訴える労働者も居たものの、残念ながら労働組合などは機能しておらず、社員の心理状態は荒み切っていました。

結論から言えば結局のところどの会社にも問題があったわけですが、少なくとも会社によって環境は大きく異なるという事は知ることが出来ました。

そして、今の会社にも多少の問題はあるものの、一応上記に挙げたような問題はクリアしているので何とか一安心といったところです。

個人的には、ずっと同じ会社に勤めていて会社に大きな不満を持っている人は、他の会社に勤めている人と意見交換をした上で是非転職をしてみるべきと思います。

転職活動を行うには雇用保険への加入状況を事前に確認しておいたり、収入の無い期間が発生することを見越して貯金をするなどの準備は必要かもしれませんが、未来の無い職場で働き続けるよりはずっとマシですからね。

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト

テーマ:労働基準法と職場環境 - ジャンル:就職・お仕事

【2008/01/23 22:14】 | 転職 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
労働の内容と賃金の格差
「楽して稼げる商売は無い」という話をよく聞きます。

確かにそういう仕事にお目にかかることはあまりありませんが、逆に

ものすごく辛くても、全然お金にならない仕事ならいくらでもあると思います。
凄く簡単に大金を稼げる仕事というのは望めないにしても、世の中には効率よくお金になる仕事とそうでない仕事があるのは事実です。

以前、私が勤めていた会社には、色々な派遣会社からスタッフが働きに来ていたのですが、同じ仕事をしているのにも関わらず

入社1日目:時給1800円
という人と
入社3年目:時給1100円
という人が全く同じ仕事をしていました。

もちろん能力は入社3年目の人のほうがずっと上で、経歴や年齢にもほとんど差はありません。
派遣会社の違いだけ、ちょっとしためぐり合わせだけでこれだけの差があったのです。

月給にして10万円以上の差・・・これは大きいです。

一度就職してしまうと給料を増やすのはなかなか難しいですが、会社や契約形態が変わると年収が大きく変わることは珍しくありません。

だから、もしも今転職活動をしている人は、給料の支払い条件をよく吟味した方がいいですよ~!

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』

テーマ:思ったこと。 - ジャンル:就職・お仕事

【2005/12/12 22:32】 | 転職 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
堀江社長のお言葉、満員電車には・・・
今や時の人(?)となったライブドアの堀江貴文社長。
知らない人はほとんど居ないでしょう。

先日、堀江社長の著書100億稼ぐ超メール術をよみましたが、なかなか面白かったです。
彼の考え方はとにかく合理的というか、メールの内容1つでも「挨拶文書いてる暇があったら仕事の内容を考えろ」というくらいですから・・・
やっぱり頭の良い人の考える事は違いますね。

ところで、雑誌のインタビューで堀江社長はこんな事を仰ってました。
「満員電車には幸せなイメージのかけらも無い。みんなもっと会社の近くに住めばいいのに。」

確かに通勤時間が長くて満員電車に揺られながら「ああ、満員電車って幸せ(*^^*)」なんて人は居ないでしょうね(笑)
でも家族がいてそれぞれの都合があったりすると、なかなか自分の都合では動けない事も多いもの。

「妻も仕事をしているから」
「子供を転校させられないから」
「単身赴任は嫌だから」
そんな理由で毎朝毎晩、満員電車に揺られているのが現状でしょう。

どうしても満員電車が避けられないのならば、せめて通勤時間を有効に活用したいものです。
今の職場に満足できないし転職を考えているけど、目ぼしい資格も持っていないし・・・という場合に資格試験の勉強をするのも良いかも知れません。
使い方さえ考えれば”必ず確保できる勉強時間”になるわけですからね^^

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』

テーマ:資格目指してみますか。 - ジャンル:就職・お仕事

【2005/11/02 10:02】 | 転職 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
最初に言って下さい・・・
「男女雇用機会均等法」という法律をご存知でしょうか?
この法律では「モデルやスポーツ選手など一部の職業を除いて「男性のみ」「女性のみ」といった求人をする事を禁止しています。

だから例えば
女性事務員さん募集!とか
男性ドライバー募集!というような募集は出来ないのです。

しかしこれはあくまで表向きの話です。

男女とも募集しているような求人広告を出しておいて実際に面接などを行なっても、採用者が
「女性しか採用しないもんね~」
と思っていたら、さじ加減1つでどうにでも出来ますからね。

どういう基準で採用したか、あるいは不採用にしたかという事を公表する義務は無いわけですから真実は闇の中です・・・
結果として男性だから、あるいは女性だからといった理由で実際に面接や就職試験に行ってから落とされるという事があり得ますので注意が必要です。

私も実際に事務系の仕事の面接に行ったら、100%女性だけの職場だったという経験があります(笑)。結果はあっさり不採用。
(面接の印象が悪かっただけかも知れませんけどね^^;)

最近は会社の方も色々考えてはいるようで、力仕事の頻度が高い職種なんかでは
男性多数活躍中!とか書いてあったりしますね。
これなら、あくまでも「男性が沢山働いていますよ!」というだけで「女性は雇いません」と行っている訳では無いので違法にはなりません。
でもわざわざこんな事書いているところを見ると、女性が採用される可能性は低いと言えるでしょう。

職種によっては実際に応募する前に「現状では男性と女性、どちらの職員が多いですか?」なんて聞いてみるのも良いかもしれませんね。

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
【2005/09/30 09:42】 | 転職 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。