スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
家族会社に思うこと
労働基準法違反を許すな!労働者のサイト自体は比較的マメに更新しているのですが、雑記帳の方は久しぶりの更新になってしまいました。

本日は家族会社について書きたいと思います。
ちなみに、ここでいう家族会社とは、社長の奥さんが副社長とか、幹部社員がみんな社長の親兄弟・親戚という会社のことです。
(親族企業とか同族会社と書くと、別の意味になってしまうようなので・・・何か別の呼び方をご存知の方、教えてください(笑))

労働環境において一番トラブルの種になるのは人間関係だと思います。

お互いにビジネスとしての規則・権限を守った上で接していれば人間関係の問題も起こりにくいですが、人間的に好き・嫌いということを基準に物事を判断したり、経営者と労働者という契約の枠を越えて指示や命令に従わせようとすると、とても大きな問題になってしまうという・・・という現象を経験した人はとても多いのではないでしょうか?

ビジネスとしての人間関係を保つ。

そういう意味では、身内で成り立っている会社という存在は根本から間違った組織です。
本来なら、仕事が出来るから、責任能力があるから幹部・上司になるという構造であるべきですが、経営陣が身内で構成されている会社では、身内だから、あるいは血縁関係が近いから偉い、という基準で組織が成り立っているからです。

(もちろん、そうでない会社もあるとは思いますが。)、

好きだから・嫌いだから・身内だから・仲が良いから・・・
そんな組織では、仕事の評価や人事制度にも同じルールが適用されます。

社長の奥さんだからとか、社長の弟だからとか、そういう理由だけで優遇されている人を横目で眺めながら、安い給料で働くことに抵抗を感じる労働者も多いでしょう。

「家庭づくり」の心得←会社づくりとは分けて考えてほしいものです・・・

だから家族会社では、従業員との関係が上手くいかないのは当然だと思うのです。

私も以前、小さな家族会社でアルバイトをしていた事がありますが、その内情たるや酷いものでした。
社長や幹部同士はお互いに身内なので、組織としてはほとんど機能せず、好き・嫌いという基準でアルバイトに接していた感もあります。
私自身は大きなトラブルに巻き込まれること無くその職場を去りましたが、できれば家族会社ではもう働きたくないなあ・・・としみじみ思ったものです。

これからアルバイトや就職を考えている方は、そういう会社にくれぐれも気をつけてくださいね。

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト

テーマ:人事・雇用制度 - ジャンル:就職・お仕事

【2006/04/23 10:32】 | 疑問に思うこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。