スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
無情なる平均値
以前、テレビを見ていたら、
老後はオーストラリアに移住して、優雅に暮らそう!
というような番組が放送されていました。

オーストラリア一周

豊かな自然の中で暮らす人たちの映像は、20代(当時)の私にとってもとても魅力的で、画面に見入っていたところ、

「移住の許可を得るためには、オーストラリアの銀行に5000万円以上の預金が必要になります。」
と、冷水を浴びせるような素敵な情報が(笑)

流石に出演者のタレントさん達も、それじゃあ無理だよ・・・みたいな雰囲気になったんですが、そこでMCの女の人が、

「実は、日本人のリタイア世代の平均貯蓄額は5000万円~6000万円くらいなんです!だから普通の方でも十分移住は可能なんですよ!^^」

な、何を・・・私は絶句しました。
その後、何事も無かったかのように番組は進行していましたが、出演者の人たちの表情が引きつったのを私は見逃しませんでした。

格差社会において、平均値はほとんど意味を持ちません。
極端な話をいえば1万人くらいの統計を取ってもその中にビル・ゲイツ社長が混ざっていたら、平均値でいえばお金持ち集団になってしまいますからね^^;

日本人全体の貯蓄額の平均は1400万円台、でもこれを平均値ではなく中央値という値(順位を付けていった時に真ん中の人の値)に直すと800万円くらいに下がるそうです。
しかも、今は1/4以上の人たちが貯金ゼロということなので、本当に”一般的な庶民”が持っている貯金はもっと少ないのではないかと思います。

統計によると、給料の額も会社によって格差が拡大していて、低い会社では社内の平均年収が200万円程度、高い会社では1500万円くらいの会社もあるそうです。

ここまで差が開いていると、いわゆる下層社会人たち(私ももちろんそうです)は
「平均値なんて聞きたくない!」っていう気分になるのではないでしょうか?
・・・なんとも無情です。

ちなみに私は、年収150万円以下で中間管理職の仕事をしていた事があります・・・(涙)

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

【2006/05/18 21:58】 | 疑問に思うこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
労働と格差社会
政治的な事についてはちょっとよく分からないのですが、近年の日本では経済的格差が次第に大きくなっているそうです。

不安大国ニッポン

つまり、規制緩和や競争の激化によって、非常にお金を持っている一部の上流階級と、その他大勢の下層階級に分かれる傾向が強くなってきているということですね。

で、面白いことに、この格差社会については年代によって大きく考え方が違うんだそうです。

50代の人など比較的年配の人は「格差社会反対」の傾向があり
20代など若い世代の人たちは「格差社会容認」という人が多いとか。

極めて個人的な意見を書かせて頂くと、ビジネスの世界で本当に努力している人はかなり少数だと思いますし、同様に才能のある人もやはり一部だと思うので、ある程度の格差は仕方が無いような気はしています。

ただ、労働法サイトを運営している立場(ど素人ではありますが・・・)からすると、世の中の経済競争というのはどうもあんまりフェアじゃないのではないかと感じることが多くあります。

サービス残業にしてもセクハラにしても、基本的な人権すら無視するような行為ですが、そんな酷いことをされてもなお、経済的立場が弱いがために労働者が強い態度に出られず泣き寝入りしているという現状があります。

経済的に弱い者が不当に時間やお金を搾りとられて、その結果一部の経営者がお金持ちになるという格差社会だけは勘弁して欲しいものです。

正当な競争の結果正当な格差があるのは仕方ないですが、「下層」に分類されても、真面目に働けばある程度の経済的自由があって、「上流」に分類されたからといって人の基本的人権まで侵害できるような権力を与えられることの無い、そんな格差社会を望んで止みません。

今でもこんな状態ですから、難しいとは思いますが・・・。

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』

テーマ:働き方 - ジャンル:就職・お仕事

【2006/05/08 22:10】 | 疑問に思うこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。