スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
仕事の評価方法の不公平
成果主義を導入している会社では、仕事の成果が給料にそのまま反映されるので、どれだけ評価されているかという事は非常に重要です。

また、年功序列型の会社であっても、ボーナスや人事など何らかの部分で仕事の評価というものが関わってくると思います。

更に、アルバイトやパート契約社員の時給も働きぶりによって変化する場合もありますから、我々労働者はほぼ全員が何らかの形でいつも点数を付けられていると言えるのかもしれません。

asicsグラウンド・ゴルフ用品スコアカード大判(耐水)雨にも汗にも負けない!最強のスコアカード!←スコアカードです。ゴルフのですけど(笑)

ビジネスである以上、これは当然と言えば当然なのですが、とても疑問に思うのが
なぜ上司が部下を評価するのが当たり前で、部下が上司を評価する制度が一般的ではないのか?
という事です。

もちろん最終的な評価を下すのが平社員では困りますが、部下にも言い分があるでしょう。

上司の指示の方法によっても仕事がスムーズに行かないことがありますし、好き・嫌いで部下に対する態度を変えたり公正な評価をしない人もいるはずです。

経営者や上司の上の上司(ややこしくてすみません・・・)がこれを完全に把握するのは不可能でしょう。
組織が大きくなれば末端にまで目が届かなくなるでしょうから、普段の態度や職場の雰囲気から察するというのではあまりにも不十分です。

上司が閻魔様のように部下を一方的に評価する制度では部下は上司に頭が上がりません。
もちろん両方に評価する制度があっても威張る人は威張るでしょうが、一方的に評価されている場合のようなパワーハラスメントは少なくとも緩和されるのではないかと思います。

部下・上司を問わずお互いにどんな評価をされているかをトップの人間が見れば、
・部下から慕われているけど実績はあげていない上司
・実績は上げているけど部下に無理をさせている上司
・一部の人には嫌われているけど一部からの評価は高い上司
などという事がわかってくるでしょう。。

また、数値化したデータだけでなく、社内でその人物がどんな風に思われていて何が仕事にとってプラス・あるいはマイナスになっているのかというデータを集めれば、問題点を見つけ出したり組織の改革を行う上でとても貴重な資料になるのではないかと思います。

もちろん、一番トップの人間が不公正な人物だったらどうしようもないんですけどね^^;


by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト

テーマ:労働基準法と職場環境 - ジャンル:就職・お仕事

【2006/06/15 22:02】 | 疑問に思うこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
一体何を評価してくれるの? -不可解な成果主義-
私の友人は、超優良企業として名高い「ト○タ自動車」という会社に勤めています。

TEIN SUPER WAGONトヨタ ヴィッツ

しかし、超一流&有名企業であるその会社も、不況時にはかなり業績が低下したようです。

今まさに不況真っ只中、という時にその友人は、
「うちなんて、一応有名企業だけどさ、今期ボーナスは絶望的らしいんだよね・・・」
とボヤいていました。

どんな時でも業績好調!なんて企業は流石にないでしょうから、まあ仕方の無いことだと思います。

その後、世の中の景気回復を牽引するように、○ヨタ自動車の業績はぐんぐん上がりました。その結果として給料の方もずいぶんと上向いたようで、この会社は驚くほどに待遇が良いというネタが週刊誌にまで取り上げられました。

成果主義・実力主義だから、会社が苦しい時には労働者も苦しみに耐えなければならないけれど、頑張って業績が上がった時にはその分だけ報われる、というのなら確かに納得できます。

給料の上がる人、上がらない人←会社によっては、どんな人でも給料は上がらなかったり(笑)

次に、別の会社に勤めていた友人のエピソードを紹介します。
某中小製造業に勤めていた彼は、入社後しばらくして「成果主義賃金制を導入する」という連絡を会社から受けました。

その結果、昇給はほとんどされなくなり、会社の業績がかなり好調なのにも関わらず、労働者たちの給料は一般の企業よりも明らかに低い水準だったそうです。

しかも驚いた事に、成果主義になったにも関わらず、長年努めている古株社員達の給料が減ることは無いという不思議な制度で、結果としては

・もう既に沢山もらっている人は能力に関わらずそのまま
・今給料が安い人は安いまま

恐らく、会社の幹部クラスの人たちや年長者が人件費を減らしつつも自分達の権利だけは守ろうとして決めた制度なんでしょうね^^;

昇給額が最大でも年間3000円程度しかないその会社は、儲かったお金をほとんど会社の設備投資に費やしてしまっていたんだとか・・・

成果主義という言葉を盾にして、人件費削減に走ろうとする会社は本当に多いです。

もしも自分が勤めている会社で
「給与制度を改革する」
などと会社側が言い出したら、目を皿のようにして内容を吟味してください。

最終的には労働者が合意しなければ、制度は変えられませんからね!

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』

テーマ:労働基準法と職場環境 - ジャンル:就職・お仕事

【2006/06/07 19:58】 | 職場環境 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。