スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
経費節約!と叫んでみても・・・
会社・経営者にとって、経費の節約というのは非常に重要なテーマです。
経営とは基本的に利益を追求する行為なわけですから、マイナスになる部分を少しでも削り、利益を伸ばそうとするのは当然でしょう。

しかし一方、労働者の方にはあまりそういう意識がなかったりしますよね(笑)
業務に必要なものが経費として認められなかったりすると、
「ケチな会社だなあ」
なんて思ってしまったり^^;。

この経費に関する考え方の温度差について、ある部長クラスの方が朝礼で興味深い発言をされているのを聞いたことがあります。

「経費というと会社が出しているお金というイメージがあると思うが、会社のお金ということは我々の給料の源泉にもなっているという事だ。だから経費といえども自分の財布と同じように考えるようにして、自分のお金と同じくらい大事に使うよう心がけよう

アウトレットコーナーにて販売中コーチ 『ハンプトンズ・シグネチャー・ダブルフレーム・コイ...

上手いこと言いますよね。確かにその通りです。
一人一人が自分の会社のお金を自分のお金の様に大切にする意識を持てば、経費の節約も効率的に行えることでしょう。

・・・ところがこの会社では、そうは行かなかったのです。

実はこの会社、ちょっとまえに大幅な賃金制度の改革を行い人件費を削減したばかりだったのです。実質的に給料は目減りし、各種手当ても減額、定期昇給もほぼゼロとされて不満が募っていた労働者達たちの心に、会社の言葉は届きませんでした。

あるベテラン社員の方は、
「自分の財布だったら一生懸命節約すればそれだけお金を残しておけるけど、誠意の無い会社と共同の財布じゃあいくら頑張って節約したところで、何に使われるかわかりゃしない。
とおっしゃっていました。

これも確かにその通りですよね。

会社が利益を追求するのは当たり前。しかし一方で労働者も利益を追求しているわけですから、仕事の生産性が上がったり、経費の節約に成功して会社の収益になれば、見返りを求めるのは当然です。

どんなに素晴らしいスピーチや啓蒙活動も、それを裏付ける会社の姿勢がなければ何の意味もありません。どんなに「経費節約!」と叫んでみたところで、会社や経営者が自分の利益だけを追求していては人は動かないと思います。

コヴィー博士の名著「七つの習慣」で

7つの習慣

「行動の責任を言葉で取ることはできない」というような表現がありましたがまさしくその通りだなあ、と感心してしまいました。

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト

テーマ:労働基準法と職場環境 - ジャンル:就職・お仕事

【2006/09/28 23:18】 | 職場環境 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
非正社員労働者の未来
今、経済は回復傾向にあると言われています。一時は7000円台にまで落ち込んだ日経平均株価も倍以上にまで回復し、雇用も上向き、失業率も低下しつつあります。

テレビなどで時々目にするサラリーマンの平均的なお小遣いの金額も

2004年→2005年の間に2300円アップ
2005年→2006年の間に4800円アップ

ちなみに今年(2006年)のお小遣い平均額は1ヵ月あたり45400円だそうです。

もっともこの金額自体に大きな意味は無いでしょう。

これはすごく沢山もらっている人も含めて「平均化」した時の数値なので、平均的な収入のサラリーマンのお小遣いということであれば、順位で考えて真ん中にいる人のお小遣い金額、「中央値」なども参考にする必要ありますからね。

ただ、全体的な金額が上がっているということは、少しずつながら景気回復の波は一般労働者のお財布にまで届きつつあるとは言えるかもしれません。

実際のところ、お小遣いがアップした人の多くは昇給がきっかけになっているという調査結果が出ているそうですしね^^

しかし、労働者の賃金が本当にアップしているかというと、疑問の残るところです。

最近、企業は正社員の雇用をどんどん減らしている傾向にありますし、年収だけをみると非正社員の平均年収は正社員として働くサラリーマンの半分以下だそうなので、労働者全体での「賃金アップ」は恐らく実現していないでしょう。

二極化時代の新・サラリーマン幸福術

非正社員ってけっこう損ですよね。社員と同じような仕事をしているのに、身分はなぜか不安定で賃金も安い。

仮に今の段階で労働者全体の賃金が上がっていたとしても、勤続年数が長くなればなるほど非正社員と正社員の年収の差はどんどん大きくなってきますから、非正社員で働いている労働者の未来は決して明るいものではありません。

一昔前までの終身雇用時代には
「サラリーマンの生涯賃金は2億円程度」
などと言われていましたが、非正社員労働者の年収は平均すると300万円くらい。
昇給もあまり無いことを考えると、生涯賃金はせいぜい1億円ちょっと。

ちなみに私も
果たして非正社員労働者には、どんな未来が待っているんでしょうか・・・


PS.7月13日に匿名で応援のメッセージを下さった方。ありがとうございましたm(__)m
本日久しぶりにこのブログの管理者ページをチェックしていて気づきました^^;
今後ともよろしくお願いいたします。

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』

テーマ:労働基準法と職場環境 - ジャンル:就職・お仕事

【2006/09/10 09:30】 | 職場環境 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。