スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
労働者は何に耐えるべき?
労働者として生きていると、仕事の上でガマンしなければならないことは数多くあります。
もちろん経営者として生きていてもガマンすることは沢山あるとは思いますが、雇われ労働者のガマンは自分の行動の結果を受け入れるというものよりも、自分自身に選択権の無い、つまり主導権を握られた状態でのガマンが多いのではないでしょうか。

労働基準法違反を許すな!労働者の掲示板に寄せられる話題についても、

上司や経営者の不当な差別、いじめに対するガマン
働いているのに収入は増えない、サービス残業に対するガマン
根拠の無い賃下げに対するガマン

など、働く上でのモチベーションを大いに下げるガマンを強いられている方が沢山いらっしゃいます。

←なかなかそうも行かず・・・

極論を言ってしまえば世の中というのは非常に理不尽で不公平な面を持っていて、必ずしも正論を唱えたり努力をしている人が評価されるというわけではないと思います。

そういう意味では、時には物事を円滑に進めるために理不尽な命令、発言に対する自分の不満をグッとこらえる、古い言い方をすれば「耐え忍ぶ」ということは大事なのかも知れません。

しかし、物事をガマンするにあたって何よりも重要なのは
そのガマンが自分の未来にとってどうプラスになるのか?
ということではないかと思います。

基本的な理念が間違っていたり、会社を運営していく基本的な能力が無い経営者のもとで、いくら会サービス残業やいじめに耐えつづけたとしても、明るい未来が待っているとは思えません。

ある意味では精神修行にはなるかもしれませんが、それならそれで実際に養った精神力を発揮する場所(まともな職場)が必ず必要になることでしょう。

「養わなければならない家族がいるから辞められない」
という理由で劣悪な職場環境に耐え続ける人もいるようですが、自分自身の人生の質を低下させるような職場で魂を切り売りしていては人生の質を落とすだけですし、本当の意味で家族を幸せにはできないと思います。

事実、「家族の者が不当な扱いを受けているようで、見ているだけでも辛い」
という相談を頂くことも多いです。(TT)

未来の無い職場で働いていると思ったとき、本当に必要なのはその場で耐え忍ぶガマンではなく、転職活動の不安に立ち向かうガマンなのではないでしょうか?

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト

テーマ:取り巻く環境 - ジャンル:就職・お仕事

【2007/01/29 20:51】 | 職場環境 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
個人的思考・社会的思考
ホワイトカラーエグゼンプション(仕事を成果で評価し、残業代を支払わない制度)の導入について議論が過熱していますが、立場の違いによって賛成意見・反対意見ともに様々なパターンがあるようです。

一般労働者へのインタビューで出た意見としては、次のようなものがありました。

・賛成意見
「賛成です。大した仕事もしていないのに、ただ会社にいるだけで残業代をせしめている上司が結構いるので、成果主義が導入されればそういった事もなくなると思います。」

・反対意見
「反対です。私も結構な時間の残業しているし、もしも残業代が全てカットされたらとてもやっていけませんよ。残業代で生き延びているようなものですから。」

確かに残業代カットとなれば、いたずらに労働時間を延長して残業代をもらおうとする人は減るでしょうし、残業代が収入の多くを占めている人は生活が苦しくなるでしょう。
よほど経済的に裕福な立場の人で無い限り、まず自分の身の回りに起こる事に考えを巡らすのはとても自然なことです。

しかし、労働社会全体に影響を与える制度の是非を考える上で、個人的な思考だけで考えるのでは不十分ではないでしょうか?

賛成意見にあるように、制度導入に伴って上司が無駄な残業をしなくなったとしても、労働時間に関わらず業務を押し付けられるようになれば、その人自信の残業が増える可能性も大いにあります。

逆に反対意見にあるように残業代が支払われなくなったとしても、能力主義が本当に正しく導入されさえすれば会社の収益力は上がり、短時間で高い賃金が実現できる可能性もあるわけです。

何もホワイトカラーエグゼンプションに限ったことではありませんが、制度を導入したり法律を改正するに当たっては自分にどんな不都合があるのか?という個人的思考ではなく、社会全体にどのような影響があるかについて十分に考える、つまり社会的な視点で考えて意見することが重要だと思います。

広い視点でものを見る、いわゆる「俯瞰」というやつです。



私は今、残業代が無くなってもそれだけで特に困ると言うことはありません(決して収入が多いのではなく、残業時間が少ないためです^^;)。しかし、ホワイトカラーエグゼンプションには大きな危機感を感じています。

残業の支払いを合法的に避けられるとすれば、少ない人員で業務を行うことも可能ですから、何より人員削減の対象になる労働者も増え、労働者全体の待遇が悪くなる可能性も大いにあるからです。

まあ社会的思考などと高尚な事を言いつつ、要は自分の身を案じているわけですが(笑)社会全体に大きな影響がある制度の変更されれば、間違いなくほぼ全ての労働者に影響が及ぶことでしょう。
明日はわが身と考えつつも広い視点で判断し、説得力のある意見を表明していきたいものです。

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
【2007/01/08 11:30】 | 疑問に思うこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。