スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
格差社会の中の格差社会
一昔前まで日本は格差の少ない「一億総中流社会」などと呼ばれていましたが、最近は経済的格差が問題視されるようになってきています。

もともと資本主義の社会というのは自由競争によって勝ち残った者が富を得られるという原則がありますから、努力や実力、その他色々な条件によってある程度の格差が出てくるのは仕方がない事なのかもしれません。

しかし、細かく見てみると一般的に高所得や低所得と呼ばれる階層の中でも、さらに細かな格差が存在するようです。

例えば日本人の平均賃金は500万円以下で、年収1000万円を超える場合人は上流階級とか高所得者などと呼ばれますが、「富裕層」と表現される人たちの資産は5億円以上が基準。
我々庶民にとって5億円などという金額は現実感が無いのでイメージしにくいのですが、これは単純に考えると年収1000万円の人が50年働いてやっと得られる収入ということになるわけです。



5億円なんて資産があったら仮に数%程度の金利でも、働かずして年に数千万円の収入になる・・・と考えると、とんでもないお金だということがよく分かりますね。

逆に、一般的な区分として年収200万円以下に属する低所得者層と呼ばれる人たちの間にも、格差というものは確実に存在しています。

特に最近社会問題化しつつあるのは、住む場所を持たず日雇い労働の賃金で漫画喫茶・ネットカフェに寝泊りするネットカフェ難民と呼ばれる人々。

よくよく考えると毎夜ネットカフェで過ごすには月に数万円の費用が必要なので安いアパートならば十分借りられると思うのですが、彼らは礼金や敷金を納めるだけの貯蓄をしていないので仕方なくその日暮らしの生活を送っているようです。

かと思いきや、最近は更に下層に属するマック難民と呼ばれる人々も登場しました。
ネットカフェで一晩過ごせば2000円程度かかるのに対して、マクドナルドなら場所代がかかりません。
マック難民たちは100円程度のメニューだけを頼み、24h営業のマクドナルド店内に一晩中居座るのです。



流石にこれではお店や一般のお客さんの迷惑になるため、お店でも店内清掃時間などを設けて居座り防止を検討しているようですが・・・それでも何度も戻ってくる人がいるんだとか(笑)

経済格差が広がると犯罪の発生率も増加する傾向にあると言われていますから、もう少しベースラインが上がって「貧乏な人でもそれなりに幸せに暮らせる社会」になって欲しいところです。

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト

テーマ:■成功転職■格差社会■ - ジャンル:就職・お仕事

【2007/04/30 10:30】 | 世知辛い話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
安易なローンは労働者をダメにする
会社勤めの労働者というのは、経営者やスポーツ選手・芸能人の様に浮き沈みがある職種と比べれば比較的安定した身分だと考えられていると思いますが、それでも失業・減給の可能性が無いわけではありません。

いざ収入がピンチ!という状況になった時、よく耳にするのが
「まだ家のローンが残っているのに・・・」
というような借金の話です。

普通の労働者でマイホームを現金購入できるという人はほとんどいないでしょうから、ローンを組む事自体はごく普通、というか仕方のない事なのかもしれません。

しかし、
「今の家賃より少ない支払い額でマイホームが持てる!」
とか、
「財産として自分のものになるマイホームにお金を払うほうがお得!」
というキャッチコピーで安易にローンを組んでしまうのはいかがなものかと思います。

一概にどちらが得、という判断は難しいですが、例えば新築の家やマンションを買った場合は誰かが住んで中古になった瞬間に価値は下落し、多少地価や物件価格が上がったくらいではとても取り戻せません。



しばらく住んだ後に何かの都合で売らなければいけないという事になっても、住んでいる間に支払ったお金よりも物件の価値が下がる速度の方が速くて、手放すためにお金を払わなければならない、ということもしばしばだそうです。(そもそも買い手がいない、ということもありますが)

家の傷みを修繕したり、固定資産税などの経費を支払う事を考えると、必ずしも持ち家が有利とは言えないという試算もよく見かけますので、イメージや見栄、所有権が欲しいという願望だけでマイホームを購入するのはやはり避けるべきではないでしょうか。

また、車をローンで購入する場合もよく考えるべきです。
そもそも自動車は、実用に耐えうる必要最低限のものを選ぶようにすれば、庶民でも現金購入が十分に可能な値段で売られている車種が沢山あります。



無理をして高い車を買っても、売る時には買い叩かれるのが関の山です。

安易なローンを組んで借金の支払いに追われるようになると、とにかく支払いのための賃金を稼ぐために目の前の仕事をこなすだけ、その時の生活を維持するで精一杯になってしまいがちです。

お金が無いから転職できない、環境は悪いけど今の職場で耐えるしかない・・・なんていう悪循環に陥らないためにも、安易にローンを組んで金利地獄に陥らないように気をつけましょう!

**相互リンクサイト様のご紹介

オフィスハラダ
労働問題や年金に関する相談を請け負っている社会保険労務士さんのホームページです。あっせん制度に関する情報もあります。

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
【2007/04/14 16:45】 | 世知辛い話 | トラックバック(2) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。