スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
お金持ちは貧乏人よりもケチ?
その昔、バスケットボールの神様マイケル・ジョーダン選手がNBAで大活躍していた頃、私は自分の収入とジョーダン選手の収入を比較してみた事があります。



大スターとして活躍していたジョーダン選手もフリーターであった私も、経営者に雇われて労働の対価としてお金を受け取っているという広い意味では同じ労働者です。

恐竜と微生物くらいのスケールの差はあっても、ある意味では同じ土俵に立っているのですから、収入を比較したっておかしくは無いでしょう(?)

その当時のジョーダン選手の年収は約100億円と言われており、一方フリーターだった私の年収は200万円程度。

単純に両者の年収を比較すると、50000000:1という比率になります。
つまり、私にとっての一円とジョーダン選手にとっての5000万円は収入比ではほぼ同じ価値。

5000万円で家が売られていたとして、私なら一生かかっても払えるかどうか分からないどころかまず契約自体が不可能ですが、ジョーダン選手なら財布の中の小銭(しかも一円玉)で買えてしまうくらいのものすごい経済格差です(笑)

貧乏人の私の感覚からすると、そんな大金があったら色々なものをポンポン買ってしまいそうに思えるのですが、実はお金持ちの人、特に自分でお店や会社を経営しているお金持ちの感覚というのはそういうものではないそうです。

あるお金持ちの人は著書の中で
「お金に縁のない人は、お金持ちが1万円札を100円玉のように使うと思っているだろうが、実は全くの逆だ。お金持ちは貧乏人が1万円を使うくらい慎重に100円玉を使おうとする」
というような事を書いていました。



一方でお金持ちは、お金を使う対象に「金額以上の価値がある」と思えば、1億だろうと10億だろうと躊躇せずお金を出すこともあるそうで、この辺りの考え方というか、お金に関する哲学が私のような貧乏人との格差につながっているのかも知れません。

会社に勤めていると、
「そんなところの費用までケチらなくてもいいのに・・・」
と思うことがよくありますが、経営者として会社を維持して行くためには、それだけシビアな感覚が必要な部分もあるのでしょう。

もちろん節約して会社の利益が増えたら、その時は労働者にも還元してくれないとやってられないですけどね(笑)

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/05/26 20:15】 | 世知辛い話 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
二重派遣の悲しき現状
起業が直接雇用のリスクを避けるようになってきてから、派遣で働く労働者は年々増加していっています。

これに伴って、不安定な身分で正社員に比べれば待遇が劣りがちな派遣社員と、正社員の格差も問題になっているわけですが、一部の企業では正社員雇用を積極的に行う動きも出てきているようなので、契約形態だけに基づく格差に関しては、これから少しずつ改善されていくかもしれません。

しかし、派遣労働において最も悪質だと思うのが二重派遣の問題です。



『偽装派遣・偽装請負に要注意』のコンテンツにも書きましたが、人材派遣というのは自社で確保した労働者を直接派遣先に紹介しなくてはいけません。

紹介のまた紹介・・・という形で派遣された人をまた他の会社に派遣したりすれば、労働者は会社の数だけ給料をピンハネされることになりますので、これは違法行為として禁止されています。

それでもこの二重派遣は当たり前のように行われているのが現状です。

特にIT業界では小さな会社が乱立しているためかその傾向が顕著で、酷い場合は3重、4重に会社を通して技術者を派遣していることも珍しくありません。

『私の偽装請負体験』にも実体験を書かせていただきましたが、いくつもの会社を通すと労働者に支払われる給料はものすごく安くなります。

しかも恐ろしいことに、このような違法な手口で利ざやだけをかすめ取っている会社は、体力の無い零細企業や中小企業を含めたマイナーな会社だけではないのです。

さすがに名前は公表できませんが、名前を聞けば誰もが知っている大手企業でも、他の会社に労働者の管理を全て任せっきりにして「自社から派遣している」という名目上の理由だけで給料のピンハネを行っている場合があります。



名簿上の管理以外ほとんど何も行わないにも関わらず、労働者に対して支払われる給料から10万単位でお金を抜き取っている行為は、まさに搾取以外の何物でもありません。

これから就職・転職を考えている人は、勤め先の会社が二重派遣に手を染めていないかどうかを必ず確認する事をオススメします。

余計な会社を一つ間に挟むだけで、年収は100万円単位で変わってきたりするので、少しでも疑わしいようなら徹底的に追求しておいて損は無いと思います。

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』

テーマ:労働基準法と職場環境 - ジャンル:就職・お仕事

【2008/05/13 18:21】 | 世知辛い話 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。