スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ガソリン駆け込み需要と群集心理
ガソリンの暫定税率が廃止されて喜んでいたのもつかの間、1ヵ月で税率復活のための法案が可決し、相場の上昇と相まってまたガソリン価格が高くなってしまいました。

「暫定」と言いながら何十年も続ける増税や、どうせその税金は無駄遣いするんだろう、という政治批判はおいといて(しっかり言ってますが^^;)ちょっと気になった事あります。

それは値上げ直前の駆け込み需要についてです。

5月からガソリンが値上げになることは既に決まっていたわけですが、4月末日の夜には多くのガソリンスタンドでは直前に給油しようと沢山の人が殺到したようです。

場所によって差はあったと思いますが、TVの報道では給油待ちの車列がスタンド内に収まらず、道路に300mもの長い列ができてしまったとのことでした。



一台の給油に必要な時間はせいぜい数分程度だと思いますが、最後尾の人は給油までにさぞかし時間がかかったことでしょう・・・

しかし、本当にそこまでして値上げ前日に給油することが、本当に「得」になるのでしょうか?

値上がり前と値上がり後のガソリンの価格差は約30円。
これは確かに大きな差ですが、1回の給油なら50L入れたとしても差額は1500円程度です。

しかも、ガソリンの値上げは事前に分かっていたことです。
一日でタンクが空になってしまうなんていう人はほとんどいないでしょうから、計画的に行動すれば混乱を避けて数日前に満タン給油しておくことも可能だったはずです。

そして仮に値上げ前日までガソリン税復活の事を忘れていたとしても、合理的な考えの持ち主ならわざわざ長い列に並んでまで給油はしないでしょう。

なぜなら、列に並べば千円ちょっとのお金と引き換えに、時間を失う事になるからです。

管理人も決して裕福な身分ではありませんので大きなことは言えませんが、本を読んだり話を聞く限り、仕事が出来る人や財を築ける人は時間をとても大切にしています。

だから将来的に自分の利益になると思えば安い給料でも働くし、逆にちょっとくらいお金がもらえても自分にとってプラスにならない事はしません。

「千円札は拾うな」という本も出ているくらいで(これはものの例えだと思いますが)わずかなお金のために時間を浪費すると、より多くのお金を稼ぐために能力を養ったり、新しい発想を生み出す時間がなくなってしまいます。


金属製のガソリン携行タンクもかなり売れたらしいですが、中に入る量を考えればタンクの代金の方が高くつくわけで、完全に本末転倒です。

ただなんとなく「安いうちに買っておかなくちゃ!」と短絡的に考えて行列に並ぶ前に、自分にとってどんな行動をとるのが本当の利益なのかを、冷静に考えてみる必要があるのではないでしょうか。


by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/06/08 21:52】 | 疑問に思うこと | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。