スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「~の方が早い」で思考停止
先日、昔の友人と会う機会があり、その友人がマンションを購入したというので、なんとなく持ち家と借家の話へと話題が流れました。

友人:「借家なんだよね?今は家賃どれくらい払ってるの?」
私:「駐車場も入れて○○万円くらいかなぁ」
友人:「え?そんなに払ってるなら買っちゃった方が早いんじゃないの?」
私「でも、借家と持ち家のどっちが徳かって結構微妙だよね。ある程度先が見通せないと買った家の価値が大きく下がって、借家の方が徳っていう可能性もあるじゃん」
友人「え~?そこまで普通考えないよ」

友人の言うように深く考えないでパッと決断すれば、確かに行動までの時間は短くする事ができます。例えばスポーツなんかをやる場合でも「上手くできるかなぁ」なんて考えているよりは、とりあえずさっさと第一歩を踏み出してしまった方が良いのは確かでしょう。

それでも世の中には、簡単には後戻りできないような選択というのもたくさん存在します。
普通のサラリーマンにとって自宅の購入は人生の一大事ですから、やはりきちんと勉強してお金の計算もキッチリやってから買うべきだと思うのです。



友人はその事を分かった上で、頭でっかちの私に対して説明するのが面倒だからそんな風に言ったのかもしれません(笑)

しかし、あまりに安易に「~しちゃった方が早いよ」と先の事を考えずに判断してしまうクセがつくと、そこで思考停止に陥ってしまう可能性があるのではないでしょうか?

例えば仕事をしている時に「いちいち説明するくらいなら自分でやっちゃった方が早い」他のメンバーへの説明や教育を後回しにしていれば、後任者が育たずいつまでも自分の作業量を減らす事ができないでしょう。

「反論するとかえって時間がかかるから、ハイハイと言う通りにしておいた方が早い」と何でも会社の言いなりになっていると、権利と義務の線引きがアバウトになって、何でもなし崩し的に認めさせられてしまうようになる可能性もあります。



行動の早い人に優秀な人が多いのは確かですが、一番大切なのはどんな判断に時間をかけるべきかを認識し、無駄なことに関しては考えすぎず、必要な事に関しては十分に考えて安易な選択をしないことではないでしょうか。

トータルで考えれば普通に買うよりもちょっと割高な「通信プランとセットならパソコン100円!」という売り方をするとモバイルPCが予想以上に売れてしまう、という現象を見ていても、ちょっと安易に判断しすぎる人が多いんじゃないかなぁ~と思ってしまうのですが、やっぱり私は考えすぎなんでしょうか^^;

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト

テーマ:仕事のヒント☆ - ジャンル:就職・お仕事

【2009/04/23 22:38】 | 疑問に思うこと | page top↑
早起きは三文の徳
色々なビジネス本を見ていると、いわゆる「仕事がデキル人」には朝型人間が多いようです。



職種などによっても働く時間は変わってくるものだとは思いますが、昔から「早起きは三文の徳」というように、時間や業務効率を管理する能力と早起きとの間には一定の関係があるのかもしれません。

まず、朝型の人には寝る時間と起きる時間をしっかり決めている人が多い。
「特に決めないで適当な時間に起きてるけど、なんとなく早く起きちゃうんだよね」
とか、
「何時に寝ても、とにかく朝5時に起きるようにしている」
という人には、今まで会った事がありません。

世の中には色々な人がいますから、中には「なんとなく朝型」タイプもいるかもしれませんが、数としては非常に少ないことでしょう。

逆に夜型の人は、起きる時間や寝る時間を明確に決めていない人が圧倒的に多いと思います。
深夜まで仕事をしてお昼まで寝ている、という生活パターンの人で、
「毎日深夜3時に寝て、朝は11時ピッタリに起きる規則正しい生活をしているんだ」
というような人は恐らく少数派です。

つまり、まとめると以下のような感じになると思うのです。

【朝型人間】
決まった時間に起きる→仕事を決まった時間に切り上げる→決まった時間に寝る→(以下繰り返し)

【夜型人間】
なんとなく遅い時間に起きる→仕事しているうちにいつのまにか深夜に→力尽きて寝る→(以下繰り返し)

どちらも同じ時間だけ仕事をしたと仮定すれば、能率が上がるのは当然前者の朝型人間の方でしょう。
なぜなら人間は不規則な生活をすると、体内時計が狂って作業効率が落ちるからです。

私の周りの人を見渡してみても夜型人間はその日その日の状態によって寝る時間・起きる時間がまちまちで、寝坊や遅刻が多いといった印象があります。

さて、偉そうな事を言っている私も、きちんと寝る時間・起きる時間を守っていられるのは会社に行かなければならない平日だけ。
連休に入ったりすると、サイトの更新などをしているうちにていつの間にか深夜になり、起きるつもりだった時間をスルーして寝ている事は日常茶飯事です。

仕事のデキル朝型人間になるためには、まだまだ自己管理能力を磨かなくてはいけないんでしょうね・・・

そうそう、「早起きは三文の徳」ということわざは「三文の得」と書かれることもあり「朝型生活をすることは人間を磨く上でもお金を稼ぐ上でも有利」といったような意味のようです。



ちなみに「3文」というお金は、江戸時代において数十円程度の価値でしかなかったようなので、金銭的な「得」よりは人間的な「徳」の意味の方が重要なのかも知れません。

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』

テーマ:仕事のヒント☆ - ジャンル:就職・お仕事

【2009/04/11 00:10】 | 運営者日記 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。