スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
名は体を表さない?
商品やサービス、団体やプロジェクトなどにつける名前は、基本的にその中身を端的に、かつ分かりやすくしておくのが基本と言えるでしょう。

たとえば研磨スポンジのヒット商品に「激落ちくん」というのがありますが、

スポンジ→とてもよく汚れが落ちる→激落ちくん
というのは連想として十分成り立つと思います。

別の例では、自転車に取り付けるダイナモの要らない「マジ軽ライト」なんていうのもありました。
これはペダルを踏む力に負担をかけないのが特長なので、

とても軽くペダルを漕げるライト→マジで軽いライト→マジ軽ライト
とやっぱりしっくり来ます。しかも「magical」という気の利いたシャレまで入ってます(笑)

しかし、社会には内容をゴマカしたいのか、あるいはいつの間にか想定とは違う中身になってしまったのか、実態とは全く違う名前が付いていたり、酷い場合は真逆ともいえるような関係だったりする事があります。

最たるものの一つが、「年金100年安心プラン」

内容としては年金制度を破綻させずに100年後も安心して受給できるようにする計画、というようなプランのようですが、少子化が凄い勢いで進んでいる日本では残念ながら納めるときに負担する金額が増えて、もらえる金額は少なくなるということになるわけです

負担が増える→もらえるお金が減る→100年安心
・・・???サッパリ分かりません。
少なくとも「年金制度維持プラン」とか「年金破綻防止計画」というような内容の方が中身に相応しいのではないかと思うのです。

一説には、
「100年後には現世代の人たちはみんな死んでいるから、あの世で安心」
なんていう説もありますが、それならそれで「墓場で安心プラン」とか「あの世で安心プラン」に変えるべきでしょう(笑)

もう一つ、ツッコミを入れたくなったのが、「派遣村」
主に「派遣切り」などで職を失った労働者を救済するための活動というのが主旨のようですが、

失業者が増えた→みんな公園に集まれ→派遣村
ここで問題なのが、そもそもあの「村」に集まっている人たちが派遣労働者であった証拠が全く無いということ。
身分を全く確認せずに、ただ集まった人たちに公園で寝る場所と食事を提供しているのであれば、それは「自由参加キャンプ村」か「ホームレス村」という名前の方が相応しいでしょう。

やっぱり何かに名前を付けるのであれば「名は体を表す」という理念に則ってネーミングを考えて欲しいものです。

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

【2009/06/27 23:42】 | 疑問に思うこと | page top↑
労働者派遣に関する提案
以前の雑記『派遣は企業の負担を増加させる?』 でも書きましたが、現在の派遣労働の仕組みでは派遣会社が取るマージンに制限が無いため、
・企業にとっては人件費の負担が大きい
・労働者にとっては受け取れる報酬が少ない

というデメリットがあると思います。



何と言っても企業から支払われる人件費の70%以上が中間マージンとして取られている場合もあるのですから、これでは派遣会社以外にメリットなどあろうはずがありません。

そこで、極論ながら提案です。
この際、派遣という仕組みそのものを廃止するというのはどうでしょうか?

報酬を受け取るのは、それに見合う労働力や価値を提供した人であるべき、という事は世の中のほとんどの人が納得することでしょう。

それを基準に考えると、たとえば派遣先に勤める時のあっせんだけを行った派遣会社が永続的にマージンを取りつづけるのは明らかにおかしな話です。

(現在の派遣法にも「直接雇用の申し入れ義務」というのはありますが、これは全くと言っていいほど機能していませんから、無視して考えましょう)

だから、企業の雇用形態は「正社員」「契約社員」「パート・アルバイト」だけにして、間に入る会社には就職の斡旋のみを一定の規制(あっせん報酬に給料の月額を基準とした制限を設けるなど)に基づいて許可するのです。

さらに、企業に対しては契約社員の賃金を正社員の賃金×一定の倍率以上にするよう義務付けます。
現在の派遣労働でも企業は派遣会社に対してかなりの人件費を支払っていますから、これが大きな負担になる事はないでしょう。

そうすれば少なくとも、正社員でない労働者も「突然契約を打ち切られるかもしれない」というリスクに見合った報酬を受け取りやすくなるはずです。
たとえば月額の給料が正社員より10万円くらい高かったとしたら、その分を貯金して失業期間に備えたり、スキルアップのための投資に使うこともできるわけです。



結果として「派遣会社」というビジネススタイルは消えていくことになるわけですが、それでいいのです。
そもそも人材を登録して派遣するだけで利益を得つづけるという仕組みは、洗練された経済社会には不要の存在なのですから・・・

注)今回の雑記はあくまでも「極論」です。実際には派遣社員の教育や労働環境の維持に力を注いでいる立派な派遣会社もあると思いますので、管理人の戯言だと思って話半分程度にお読みください。

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』

テーマ:労働基準法と職場環境 - ジャンル:就職・お仕事

【2009/06/13 16:35】 | 世知辛い話 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。