スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「一生懸命働く」って?
私を含めて会社に勤めている人のほとんどは、眠いのを我慢して決まった時間に起き、のんびりしたいのを我慢して家を出て会社に向かい、遊びたいのを我慢して働き、時には馬鹿らしいのを我慢して「これはちょっと違うと思うんだけどなぁ」と思いつつ上司の命令に従っていると思います。

一日の仕事が終われば疲れますし、休日にはのんびりしたくなる。
苦労しているから、「一生懸命働いている」という意識もそれなりにあるのではないでしょうか。

ちなみに「一生懸命」と「一所懸命」どちらも正しいそうです

一方で、終身雇用神話も崩れ去り、昇給も期待できない今のご時勢では、心の底から会社を愛していて「何かあっても会社が何とかしてくれる」と考えている人はほとんど居ないでしょう。

でも、とりあえず生活のために一生懸命働く、そしてある日突リストラが行われたり、然会社が倒産して納得の行くような補償が受けられなかったりして、その時に言うのです。

「一生懸命働いてきたのに裏切られた!、こんなの酷い!」
と。

色々な事を我慢しながら働いて来たのですから、そう感じるのも無理のない事なのかも知れません。
私自身、倒産、解雇、派遣切りを全て経験していますので、その気持ちは痛いほど良く分かります。

しかし、その上で思うのです。一般的な雇われ労働者の「一生懸命」には大きく欠けているものがあるのではないかと。

人間は苦しくなって追い詰められると、理想を持っている人でも他人を裏切ることがあります。窮地に立たされても他人を裏切らない立派な人もいるとは思いますが、だからと言って全ての人を100%信用することは到底出来ないでしょう。

そして、経済活動を目的としている会社は、個人よりもはるかに簡単に労働者を裏切ります。
「会社のため」という建前があるから良心もとがめにくい上に、大抵の場合は相手が泣き寝入りしてくれるから話は簡単です。

これはもう「どうあるべきか」という理念以前の、会社としての「本能」のようなものでしょう。



だから恐らく、裏切られることは無いだろうという考え自体が間違いなのです。

会社が信用できないと思ったら、万が一クビになった場合に再就職・独立するためのスキルを身につけておく必要があるし、将来的な収入が期待でき名なら副収入を得る方法を考えなくてはいけないと思います。

安定した雇用がずっと続くと考えて、約束が未来永劫守られるだろうと考えて、ただ命令に黙々と従って働いている「一生懸命」は、「自分のところに球は飛んでこないだろう」と守備練習をしない野球選手と同じで、どこか無責任な部分があると言えるのでは無いでしょうか。

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト

テーマ:労働基準法と職場環境 - ジャンル:就職・お仕事

【2009/08/20 19:49】 | 世知辛い話 | page top↑
お金持ちと結婚したがる女性の心理
結婚のための活動(いわゆる婚活)に関するドキュメンタリーなどを見ていると、職を探している人が求人情報の年収欄を見るのと同じ、いや場合によってはそれ以上に、女性は男性の年収を重要な要素と判断しているようです。



「年収600万円以上無いと・・・」
「最低1000万円は欲しいです」

そしてこんな風に希望条件を設定する女性に対して、一部では怒りの声を上げる男性も存在します。

「相手の年収を限定する前に、自分の方はどうなんだ!」と。

そう言いたい気持ちも、確かによく分かります。
私とて年収による足きりラインを設定されたらまず、いや、間違いなく切り捨てられる方の人間ですので、そういう条件設定を見ると悲しい気持ちになるのは事実です。

しかし理論的に考えると、男性に高収入を求める女性の心理というのはある程度納得できる部分もあるのです。

そもそも、人間を含めた色々な動物の恋愛感情は、
「この相手とパートナーになることで、どれだけ優秀な遺伝子を残すことが出来
るだろう?」
というところが基本になっています。

あくまで本能レベルでの話ですが、外見などの他にも「生き抜いていくための能力」というものが非常に重要な要素になるのは当然です。

そして毛皮を身にまとって獣を追っていた時代と違い、現代社会においての生存能力として一番重要なのは、間違いなく経済力でしょう。



腕力が無くても顔が整っていなくても、お金持ちなら家族を養い、安定した生活を送ることは十分に可能です。

だから、女性がお金持ちの男性に惹かれるのは、損得計算だけでなく生物としての本能的な欲求に基づいている部分があるのではないかと思います。

つまり、男性が美しい女性に恋をしてしまうのと同じくらい自然に、女性はお金を稼げる男性を魅力的に感じてしまうのではないかと。

もちろん男性の場合だって、明らかに女性にモテないのに、
「僕は相手がアイドルか女優さんとじゃないと結婚しません!」
なんて言ってたら、
「身の程を知れ!」
と言われてしまうでしょうから、結婚相手に求める条件についてはあまり大っぴらに公表しないほうがいい場合もあるとは思いますけどね・・・^^;

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』

テーマ:婚活のすべて - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/08/05 19:49】 | 世知辛い話 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。