スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
表と裏のコンプライアンス
個人経営や、それに近い零細企業ならともかく、世間の評判が売上に大きく影響する大企業では法令遵守、いわゆるコンプライアンスに対して真面目に取り組んでいるという姿勢をアピールすることは経営上の必須事項と言えるでしょう。

消費者だって道徳的にちゃんとしていない会社からは物を買いたくないでしょうし、会社間でも取引先がなんかヤバイことをやらかせば自分の会社にまでとばっちりが来る可能性がありますから、「うちはマジメな会社ですよ」ということを示しておかないとライバル企業に遅れを取ってしまう可能性が高くなるからです。



しかし、色々な会社の内情を知っていくと、このコンプライアンスにはおもいっきり二面性が有ることに気づきます。

一つ目の「表のコンプライアンス」は人間で言えば「そとづら」の部分にあたり、顧客や取引先向けの法令遵守です。

例えば情報セキュリティーに関する認証を取得して公的な機関のお墨付きを貰ったり、株式の上場基準を満たして公開企業になったりするのがこの部分です。

これに関しては世間の評価や売上に直結するだけに、多くの企業が惜しみ無くお金や労力を注ぎ込みます。
人間に例えると、服装やアクセサリー、メイクなんかはバッチリの状態です。

そして二つ目が「裏のコンプ、イアンス」、人間で言うと「身内だけに見せる裏の顔」に当たる部分の法令遵守

具体的に言うと労働基準法などの法律を守るとか、自分の会社の従業員の労働環境を整える、取引先を選ぶ上でも違法行為に目を光らせる、といった部分になります。

残念ながらこっちのコンプライアンスについては、一流と言われている大企業ですら無関心な場合が多いようです。

私は世間的に「コンプライアンスに力を入れている」と言われている大企業で働いていたこともありますが、残念ながら力を入れているのはあくまでも会社の利益に直接関わる「表のコンプライアンス」だけ。
自社の利益になると思えば違法な悪徳業者ともどんどん取引し、解雇した従業員との間でも訴訟が絶えないという酷いありさまでした。

人間に例えるならば、身なりは綺麗でも内面はボロボロの状態です。

そして結局、普段は目立たない「裏のコンプライアンス違反」も、社員のやる気を減退させて業務効率が下がったり、上記のように訴訟に発展したりして、結局はそのツケを払わされることになるわけです。



会社に大事にされなかった従業員が会社やコンプライアンスを大事にするわけはないのですから、経営者はそういう部分を理解した上で、本当の意味でのコンプライアンスに力を入れてほしいものです。

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト

テーマ:労働基準法と職場環境 - ジャンル:就職・お仕事

【2009/09/27 20:34】 | 未分類 | page top↑
マネージャーって何する人?
ビジネス用語としての「マネージャー」は、web辞書で日本語に訳すと主任、店長、理事、支配人や経営者と幅広い役職に使われる言葉になっていますが、自分の仕事だけでなく人の仕事まで管理する「役職」にあたるという意味を含むのはどれも共通しているようです。

もともとmanageという単語には、成し遂げる、操る、取り扱うというような意味があるので、複数の人の労働力をうまくまとめて、大きな仕事を成し遂げる、というのがマネージャーの役割ということなんでしょう。



芸能人の仕事を管理する役割にもマネージャーというのがありますが、この仕事の場合は「人を管理する役職」というよりも「仕事を管理する秘書」のような感じに近いと思います。

そして、さらに意味が違ってくるのが部活動やサークル活動のマネージャーです。

プロスポーツの場合は話が違うと思いますが、学校の部活動やサークル活動の場合、マネージャーはほとんど「マネジメント」を行わないことが多い。

選手(部員)の上に立って活動内容を管理するのではなく、リーダーの仕事を補佐したり、備品管理などの雑用を引き受けて、あくまでも「縁の下の力持ち」として働くのが一般的なマネージャーの役目でしょう。

どちらかというと監督や部長の仕事の方がビジネスの世界でのマネージャーに近く、部のマネージャーの仕事内容は「秘書兼雑用係」と言えるのではないかと思います。

そして、会社の中にはまたこれらと違うタイプの「マネジメントをしないマネージャー」というのが存在することがあります(笑)

部下の仕事を管理するというよりはとりあえず目に付くところをチェックして文句だけを言い、上司からの仕事はそのまま部下に流し「会社の方針だから」と従うことを強要する。

そして職場で一度トラブルが起これば、
「それくらい自分の力で何とかしろ」
「担当者同士でよく話し合って解決しろ」
という風に、自らの管理責任を棚に上げて実質的には何もしない、という具合です(--;)



実際のところ、こういう仕事っぷりの人をマネージャー(もしくは管理職)と呼ぶのはどう考えてもおかしな話なのですが、年功序列式に昇進してきた上司の中には、こういうタイプのマネージャーがかなりの割合で含まれている・・・というのが現実ではないでしょうか。

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

【2009/09/13 17:25】 | 疑問に思うこと | page top↑
給料と家賃の関係
以前にテレビを見ていたとき、給料と家賃の関係について、ある女性が面白い発言をしていました。

「私は相手の年収を知りたい時、直接聞くわけに行かないからまず相手に「今すんでいるところの家賃いくらですか?」って聞くんです。家賃というのは大体、給料の3分の1くらいになってることが多いので・・・」

よっぽど親しい間柄で、真剣にお金の相談をしている場合などを除けば、いきなり
「ねえねえ、あなたの年収いくら?」
などと聞けば、失礼な奴だ!と反感を買ってしまうでしょう。

それに対して、「どこに住んでるの?」とか「家賃いくら?」というくらいなら、まあ世間話として許容されるレベルだと思いますので、これは確かに賢い戦略だと思います。

ただ、一定以下の年収の人や、逆に大金持ちになると、この「1/3の法則」には当てはまらない場合も出てくると考えられます。

話は極端になりますが、例えば家賃2万円の安アパートに住んでいる人の月収が6万円、ということは(あまり)無いでしょう。

人が暮らしていくには家賃以外にも色々なお金がかかりますし、最低賃金が法律によって決められていたり、生活保護という制度もありますから、ほとんどの場合において、もう少し上の収入は確保できると考えられます。

以前にテレビ朝日で放送されていた貧乏な人の生活をレポートする番組「銭型金太郎」でも、多くのビンボーさんの月収は10万円弱くらいで、5~6万円という人は稀でした。



逆に、大金持ちの場合は、いくら家賃(あるいは居住費)が高いとは言ってもせいぜい数百万円が限界でしょうから、この法則に従わない場合が出てくると思います。

例えば、元F1ドライバーのミハエル・シューマッハ氏が以前に住んでいた豪邸は、月額の家賃が250万円強で住める借家となっているそうですが、これを3倍しても750万円で、さらに12を掛けても9000万円。

全盛期の彼の年収が70億円以上(推定)だったことを考えると、仮に設定された家賃が格安だったとしても「年収に対して安すぎる」ということになるでしょう。



もっとも極端な貧乏やお金持ちの場合は、身なりや立ち振る舞いに経済レベルが現れるでしょうから、「1/3の法則」結論として「一般的には有効な戦略」と言えるのは間違い無いんでしょうけどね。

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』

テーマ:お金の研究♪ - ジャンル:ファイナンス

【2009/09/01 21:32】 | 世知辛い話 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。