スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
社員は会社の歯車
サラリーマンとして会社に勤めていると、基本的には会社や上司の命令に従うタイプの「仕事」が大きな割合を占めると思います。

管理職などになれば部下に命令を下す機会はあるかもしれませんが、それでも大抵の場合はさらに上司からの命令というのがありますし、役員クラスになったとしても社長からの命令、たとえ社長になったとしても親会社からの命令(厳密に業務命令と言えるかどうかは別として)があったりします。

命令に従って働く、あるいは命令に従ってまた自分の下に命令を伝える。
だからこそ、「俺は会社の歯車に過ぎない」なんていう台詞が出てくるのかもしれません。

しかし、私は個人的に、会社の「歯車」という存在はそれほど悲観したものでもないと思うのです。



歯車というのは、機械が動く上では非常に重要な部品です。
歯車が無ければ電車も、車も、自転車も、も動きません。ハイテク機器であるパソコンや携帯電話にだって、歯車は使われています。
さらに大抵の場合は、たくさんある歯車のうちの一つがダメになっただけで、その機械は動作不良を起こします。

つまり、歯車というのは必要不可欠な存在、無くてはならない重要な要素だということになるわけです。



「歯車は壊れたら交換する"消耗品"じゃないか・・・」
と思うかもしれませんが、それはきっと仕方ないのです。当然の事なのです(笑)

そもそも会社が存在する上で「必要不可欠な存在」である人物がいたとして、その人が居なくなって仕事が成り立たなくなるようでは、会社の性質に問題があると言えるのではないでしょうか?

もちろん優秀な人が抜けた場合などは、複数人でその仕事をこなす必要があったりはするでしょう。

それでも「人間国宝が芸術作品を作っている」というような特殊な例を除けば、どんな仕事でも代わりの人員さえ確保できれば何とかなる、いや、何とかするための仕組みが存在していなくてはならないのが会社組織だと思います。

「この歯車が壊れたら、代替部品はありませんので修理不可能です」
という機械など誰も買いません。
「これは重要な歯車ですが、破損したら代替品もありますので大丈夫です」
という設計になっていなければダメなのです。

だから私たち労働者は、きっと「歯車」で良いのです。

ただし、機械や部品のメンテナンスもロクにせず、いつも無理な操作をして歯車をダメにしてはすぐ交換・・・というような企業で働くのはゴメンですけどね。

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

【2009/10/26 21:58】 | 運営者日記 | page top↑
地球に優しい?企業の環境保護
地球温暖化や環境汚染が問題になっている今、特に先進国では企業の環境問題への取り組みが重要視されています。

場合によっては単なる「企業イメージ」というところだけに留まらず、取引先として一定の基準(環境問題へ取り組みに関する認証取得など)を満たしている企業が優先的に選ばれたりするので、商売をする上でも気を使わないわけにはいきません。

で、「地球に優しい」なんていって掲げて製品開発をしたりするわけですが・・・
多くの方が主張されているように、これはどう考えても的外れな表現だと思うのです。

環境問題は温度がどうだとか有害物質がどうだというようなことが言われますが、そもそも「何℃が最適か?」とか、「何が有害か?」というのは完全に人間の基準です。



昔の地球など、それこそ灼熱地獄かつ人間がとても生きていられない大気成分だったわけです。

その時に地球が「こんなひどい環境はいやだ!」と考えていて、今のように人類が繁栄している状態を「ああ快適だ^^この状態を保って下さいな」と感じているという根拠などどこにもありません。

たぶん、地球という星そのものは完全に中立で、たまたま我々人間という生物が生まれて繁栄するのに必要な環境が整っているのが今の時代だというだけでしょう。

それなのに、勝手に自分たちで環境を壊して、
「このままじゃヤバイ!」
とでもいうかのように環境問題に取り組み「地球に優しい」などと豪語しているのはどう考えてもおかしい。

地球にもし意思があったとしたら、
「繁殖するのは勝手ですが、自分で変えた環境をまた自分たちに都合の良く戻したからといって、私に対して奉仕した気になるのは止めていただきたい。私はあなたたちがいなくなっても、何一つ困ることはないのですから。」
くらいの事は言うかもしれません(笑)



だから正しくは「地球にやさしい」ではなく「自分にやさしい」というのが環境活動の本来の姿だと思います。

それはあまりにも表現として美しくないのでNGだと言うのであれば、せめて我々を含めた生物にとっての「環境にやさしい」くらいの方が表現として相応しいのではないでしょうか。

まあ、企業にとっての環境活動はあくまでも経営のためであることがほとんどですから、誰に優しいわけでもなく、単なる経済活動の一環と捕らえるべきなのかもしれませんが・・・

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

【2009/10/10 21:48】 | 疑問に思うこと | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。