スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
会社が人件費をケチると・・・
会社にとって経費の節約は、経営を行っていく上で非常に重要な仕事です。

売り上がいくら上がったところで、経費がそれを上回ったら何の意味もありませんし、特に景気の悪いときは売り上げそのものを大きく増やすことは困難ですから、経費を少しでも少なくして、利益を確保するのは当たり前です。

これをおろそかにしていては会社が潰れかねませんので、経費削減を軽く考える経営者というのはあまり見かけませんし、またそういう人は経営者に向いていないでしょう。

しかし、必要以上に経費を削ろうとすれば、当然弊害も出てきます。

多くの会社にとって最も大きな経費はやはり「人件費」になると思いますが、この人件費を不当に削ることで利益を上げようとする会社は決して少なくありません。



サービス残業などはその代表的な例ですが、そこまで露骨にやらなくても人件費を圧縮する姑息な手段はいくらでもあります。

例えば、住宅手当や家族手当、地域手当などの各種手当ての削減や廃止などがそうです。
本当はこれらも立派に給料の一部なのですが「手当て」というと「給料の他に会社の好意で支給されている」という意識を持っている社員が多いから、削減の対象になりやすいのだと思います。

他にも社員の頭数を減らして一人当たりの仕事を増やしたのに給料は据え置きにする。


パソコンや文房具など備品購入のための経費の支払を渋って、なし崩し的に社員に負担させる(これも実質的な給料カットです)など、不当な人件費削減のバリエーションはとても豊富です(笑)

そしてこういうことをやっていると表面的には大きな問題が無くても、やがて社員のモチベーションは下がり、業務効率が下がったり、情報流出や横領などの非行化を招く原因になるのではないかと思います。

会社が人件費をケチれば、社員は忠誠心をケチる。

大盤振る舞いでは会社は潰れてしまうかも知れませんが、経営者は社員が最低限のモチベーションを保てる範囲で経費削減に取り組んでほしいものです。

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト

テーマ:労働基準法と職場環境 - ジャンル:就職・お仕事

【2009/11/22 21:15】 | 職場環境 | page top↑
刑務所を出たがらない囚人の心理
普通の感覚で言えば、刑務所や監獄というのは「極めて居心地の悪い場所」だと思いますが、必ずしも全ての人にとってそうとは限りません。

生活費や住居の心配、というような直接的な問題を別としても、刑務所の中で長い時間を過ごしてきた囚人は「外に出るのが怖い」と感じることが少なくないようです。



檻の中の生活に比べれば、いわゆる娑婆での生活の方がずっと自由な事は言うまでもないわけですが、その反面色々な事を自分自身で考えて行動しなくてはならなくなります。

刑務所の中に居るときのように食事は仕事、運動や睡眠の時間を管理されることが無い代わりに、自分でそれらを計画したり準備しなくてはなりません。

束縛が無い代わりに大きな保護も無い、それが自由な世界のルール。

名画「ショーシャンクの空に」でも、モーガン・フリーマン演じる囚人が長年の服役生活から釈放を前にして「外の世界」を恐れて苦悩する様子が描かれていました。



そして、そういう風に大きな組織や権力の保護の下から抜け出すことに対しての恐怖感というのは、我々のような雇われ労働者の心にも強く根付いているように思います。

会社に対しては大いに不満があり、「こんなところいつか辞めてやる!」なんて思いつつも、本当にそこを飛び出す勇気は無い。

本当にこんなところで自分は一生を終えるのだろうか?他に何かやるべきことがあるんじゃないか?と何となく思いつつ、自分自身で自分の環境を変えるための行動は取らずに何となく年を取って行くわけです。

今は監獄のような場所にいるけれど、いつかは本当の自由が欲しいと感じている人は、まず自分自身が入っている檻には実は鍵がかかっていないという事を自覚しておく必要があるのではないでしょうか。

「中にいれば、少なくとも今より悪くはならないだろう」という声がどこからともなく聞こえてくるかもしれませんが、それが本当かどうかなど誰にも分からないのですから…

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』

テーマ:労働基準法と職場環境 - ジャンル:就職・お仕事

【2009/11/09 22:31】 | 疑問に思うこと | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。