スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
日本人は奴隷気質?
しばらく前に、あるテレビ番組を見ていた時のことです。

たまたまそのチャンネルになっていて情報が目に入ったので番組名などは覚えていませんが、新橋かどこかの飲み屋街にレポーターさんが出向いて取材をしていました。

対象は、会社帰りに一杯やってるサラリーマンの方々。
みんなスーツ姿でほろ酔い加減。楽しそうに飲んでいます。



日本では見慣れたこんな風景、しかしそれを取材している外人のレポーターや、スタジオでその様子を見ている外国人にはとても奇妙に見えたようです。

「なんで、家に帰らないで飲んでるの?」
「なんで、家族と飲まないの?」
「なんで、仕事でもないのにわざわざ上司と一緒にいるの?」

彼らにしてみれば、仕事は仕事、家は家。
仕事というのはプライベートな時間のためにするものなのに、なんでわざわざ仕事が終わってからの時間に、会社の人達と酒を飲んでいるのかということが理解出来ないんだそうです。

ひとまとめに「外国」と言っても、お国柄によって多少は違うのかも知れません。
それでも、少なくともスタジオにいた欧米人の出演者にとっては、信じられない光景という様子でした。

欧米の文化では、上司と部下とか経営者と労働者という主従関係はあくまでも契約の上だけでのこと。
だから、労働時間が終わったら命令されるいわれはないという感覚が一般的なのです。

そもそも、
「仕事が終わったら一杯付き合え」
という文化自体が無いらしい。

考えてみれば、日本人は確かに仕事とプライベートが強くリンクしすぎている感じがあります。
私の周りを見ていても、会社で飲み会が開催されると言えばほとんどの人が参加しているし、サービス残業しているという人も決して珍しくありません。



違法行為によって虐げられていても、「みんなそうしているから」と泣き寝入りしてしまう。
私はそんな風潮が日本人の奴隷気質を助長しているような気がしてならないのです。


by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト

テーマ:労働基準法と職場環境 - ジャンル:就職・お仕事

【2012/06/20 22:21】 | 疑問に思うこと | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。