FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
お金持ちと結婚したがる女性の心理
結婚のための活動(いわゆる婚活)に関するドキュメンタリーなどを見ていると、職を探している人が求人情報の年収欄を見るのと同じ、いや場合によってはそれ以上に、女性は男性の年収を重要な要素と判断しているようです。



「年収600万円以上無いと・・・」
「最低1000万円は欲しいです」

そしてこんな風に希望条件を設定する女性に対して、一部では怒りの声を上げる男性も存在します。

「相手の年収を限定する前に、自分の方はどうなんだ!」と。

そう言いたい気持ちも、確かによく分かります。
私とて年収による足きりラインを設定されたらまず、いや、間違いなく切り捨てられる方の人間ですので、そういう条件設定を見ると悲しい気持ちになるのは事実です。

しかし理論的に考えると、男性に高収入を求める女性の心理というのはある程度納得できる部分もあるのです。

そもそも、人間を含めた色々な動物の恋愛感情は、
「この相手とパートナーになることで、どれだけ優秀な遺伝子を残すことが出来
るだろう?」
というところが基本になっています。

あくまで本能レベルでの話ですが、外見などの他にも「生き抜いていくための能力」というものが非常に重要な要素になるのは当然です。

そして毛皮を身にまとって獣を追っていた時代と違い、現代社会においての生存能力として一番重要なのは、間違いなく経済力でしょう。



腕力が無くても顔が整っていなくても、お金持ちなら家族を養い、安定した生活を送ることは十分に可能です。

だから、女性がお金持ちの男性に惹かれるのは、損得計算だけでなく生物としての本能的な欲求に基づいている部分があるのではないかと思います。

つまり、男性が美しい女性に恋をしてしまうのと同じくらい自然に、女性はお金を稼げる男性を魅力的に感じてしまうのではないかと。

もちろん男性の場合だって、明らかに女性にモテないのに、
「僕は相手がアイドルか女優さんとじゃないと結婚しません!」
なんて言ってたら、
「身の程を知れ!」
と言われてしまうでしょうから、結婚相手に求める条件についてはあまり大っぴらに公表しないほうがいい場合もあるとは思いますけどね・・・^^;

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト

テーマ:婚活のすべて - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/08/05 19:49】 | 世知辛い話 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。