FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
労働環境と曜日別自殺率
残念ながら日本は、先進国の中ではダントツに自殺の多い国であると言われています。

人口あたりの自殺者数でいうとアメリカの2倍以上、中国の2倍弱と、特に付き合いの深い国々と比較してもかなりの人が自殺によって無くなっていることが分かります。



この原因については、日本人が「自分に責任がある」と感じやすい文化を持っているからだとか、あるいはうつ病になりやすい遺伝的体質だとか色々言われているようです。

ところで、自殺についてのデータを見ていると、ある事に気がつきます。
それは、自殺率が曜日によって大きく変動していること。

一週間の中で、一番自殺率が高くなるのが月曜日。
そして、逆に最も自殺が少ないのが土曜日。
月曜日と土曜日では、大体25%くらい自殺率に差があって(2007年データ)日曜日や祝日に関しても、土曜日とほぼ同じ低い自殺率となっています。

これはきっと、自殺の原因が仕事や職場環境に関係しているからでしょう。

私にも経験がありますので、劣悪な環境で働いている人にとって月曜日がいかに憂鬱な日であるかということは容易に想像できます。

それでも多くの人は何とか乗り切って週末を楽しみに会社に向かうわけですが、精神的にまいっていたりうつ状態になっていたりすれば「いっそ死んだ方が・・・」と思いつめる可能性も大いにあるでしょう。



また、自殺の現任が仕事にあるということを裏付けるデータとしては、男女別の自殺率というのもあります。

日本において男性の自殺率は、なんと女性の3.8倍(これも2007年データ)

これは女性の社会進出が進んでいるとはいえ、やはり男性の方が人生のウェイトを仕事に置いている割合が高いことによるのだと思います。

経済的には豊かと言われる国に住んでいても、大きなストレスの中で魂をすり減らしながら働いているビジネスマン

悲しいですが、それが日本の自殺者の群像なのかもしれません。


by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト

テーマ:労働基準法と職場環境 - ジャンル:就職・お仕事

【2010/03/01 21:14】 | 職場環境 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。