FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
こんな時代だから
先日、ある友人と話している時に、
「こんな時代だから」
っていう言葉がずっと使われている気がするよね、という話になりました。

思えば日本はバブル経済が崩壊した1990年代以降、例えばIT業界にだけ到来したITバブルのような一部の現象を除いては、ずっと景気の悪い状態が続いています。

バブル以降の時期を「失われた10年」なんて表現する言葉もあるくらいですから、一時の好景気と比較すると経済的には苦しい時代と言えるんでしょう。



ただ、これだけ長く「こんな時代だから」「こんなご時勢だから」「厳しい時代だから」と言われる状態が続いていると言うことは、もはやこれは当たり前の事なんじゃないかとも思うわけです。

つまり今は「緊急時」などではなく「平常時」なのではないか、と。

緊急時というのは、普段はNGな手段が許されたり、完全に許されなくても情状酌量の余地が出てくることがよくあります。

どこかで窃盗事件があったとして、遊ぶ金欲しさに盗みを働いたのと、飢えた家族に何かを食べさせようと盗みを働いたのでは、恐らく裁かれた時の刑の重さは変わってくるでしょう。

サービス残業や人員整理日ても、大恐慌などで会社がバタバタ潰れている時なら、一時しのぎとして同情の余地があるかもしれません。

しかし、今が平常時だとすると、今あるルールはごく当たり前のもので、この先もずっと続くものと考えるべきです。ダメなものはダメと判断する平常時のルールを適用しなくてはいけません。

大局を見れば、日本は景気が悪いとはいっても、世界的に見ればまだまだ裕福です。

それでも今後、発展途上の国がどんどん力をつけてくれば、それらの国に市場を奪われ、さらに日本の経済状態が悪くなる可能性も十分にあるでしょう。

そう考えると、もはや「こんな時代だから」などと行っている今は、もしかしたら「まだこの時代なら」なのかも知れません。



一時の嵐が過ぎ去るのを待つように「こんな時代だから」「こんなご時世だから」というのはいい加減に止めて、できれば「今だからこそ」、それが無理でも「こんな時代だけど」くらいを合言葉に頑張っていこうではありませんか(笑)


by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト

テーマ:働くということ - ジャンル:就職・お仕事

【2010/05/13 22:53】 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。