FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
会社の上下関係と言葉遣い
日本の会社では、年齢に関わらず上司は部下にタメ口、部下は上司に敬語というのが当たり前。

中には「同期入社の友人同士だから上司と部下でもタメ口」なんていう例外もあったりはしますが、基本的には上下関係によって言葉遣いルールが決まるのが常識となっています



しかし、個人的にはこの制度は良くないと思うのです。

そもそも、労働契約というのはあくまで経済上の約束事を交わすもの。それが人間関係の上下を決めるものではないはずです。

上司はタメ口。部下は敬語。
上下関係をはっきりさせる意味でメリットが無いとは言いません。

しかし、そもそも仕事の上下関係というのは、本来あるべき状態よりも遥かに大きな力で立場の強弱を決める傾向にあり、これがセクハラやパワハラに結びついたりするくらいです。

もともと権限に格差があるわけですから、言葉遣いで上下関係を示さなくてもお互いの役割に支障は無いはず。
むしろ立場の強弱を考えれば、何らかの力によってブレーキをかけるくらいの方が調度良いのではないでしょうか?

というわけで、同じ社会人である以上、お互いに敬語が基本。
これを労働者会のルールとして採用するのが適当なのではないかと。

話は代わりますが、以前に俳優の高倉健さんがTVのバラエティ番組に出演していた時の事です。



高倉健さんといえば、まさに大御所と言える俳優さんで、その名声は日本はおろか外国にまで知れ渡っているような人物。

それなのに高倉さんは、何十歳も年下の「アイドル」と呼ばれるような世代の俳優さんに対して、
「○○さんは、××されるんですか?」
というように、とても丁寧な敬語で接されていたのです。
もちろん演技やおふざけではなく、「それが当たり前」というごく自然な感じで。

恐らく高倉さんには、格上とか格下という意識は全くなく、相手を「自分と同じ一人の大人」として考えられているのでしょう。

これこそ正に大物の風格です。カッコいいことこの上ありません。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」なんていう言葉もありますが、丁寧な言葉で周りに接していても自然と尊敬を集められる人こそ、真の成功者と言えるのではないでしょうか。

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト

テーマ:労働基準法と職場環境 - ジャンル:就職・お仕事

【2010/07/27 19:51】 | 疑問に思うこと | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。