スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
もしも○○でも、会社に行きますか?
先日、ジェームス・スキナー氏のセミナー映像を見る機会があったのですが、その中で面白い話をされていたので紹介してみたいと思います。

知っている方も多いと思いますが、ジェームス・スキナー氏はアメリカの著名な経営コンサルタントです。
日本語も落語をこなせるほど堪能で、複数の著書が出版されているかなりの有名人。



そのジェームス氏いわく、会社に勤めている人が仕事に対してどのような姿勢で取り組んでいるかを知るには、二つの質問をしてみるといいとのことでした。

一つ目は、
「もしも給料が一円も貰えないと分かっても、あなたは明日会社に行きますか?」
というもの。

さて、あなたならどうでしょう?

私なら、まず間違いなく行かない(笑)。

正確に言うと、事情を確かめるために1日くらいは会社に出向くと思います。
しかし、給料ゼロで仕事をしろと言われても、そんな命令は無視してしまうことでしょう。

出勤するよりは、「ただ行く」という感じです。

そして、ここまでは、多くの人が同じ答えなのではないかと思います。

ジェームス氏も、お金をもらえなければ生活が成り立たないわけで、それはさすがに仕方ないだろうとコメントされていました。

そこで次の質問が出てきます。

それは、
「もしも給料をもらう必要がないほど裕福だったとして、あなたは明日会社に行きますか?」
というものです。

これは、会社での仕事や人間関係によって答えが大きく左右されることでしょう。

ジェームス氏はこの質問をして、お金に困っていなければ会社に行かないという従業員ばかりなら、その会社は危険だと言います。

本当に良い会社では、社員がやりがいを持って働いている。
だからお金のためじゃなく、勉強のため、自己成長のために働くという社員がたくさんいるそうなのです。



違法行為が横行しているブラック企業の人にしてみれば、信じられない世界です(苦笑)。

ちなみに私はというと・・・

恐らく、大金持ちになってもしばらくは会社に通うと思います。

その理由は、一緒に働いている人たちが好きで、急に仕事を止めたらその人たちが困るだろうからです。(実際には平気だったりするかもしれませんが^^;)

でも、それは自己成長のためというより、単に義理人情の世界の話。

数カ月後には退職してしまうと思うので、まだまだ「お金のために働く」というところからは脱し切れそうにありません・・・。


by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト

テーマ:労働基準法と職場環境 - ジャンル:就職・お仕事

【2012/01/11 22:39】 | 世知辛い話 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。