FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
無情なる平均値
以前、テレビを見ていたら、
老後はオーストラリアに移住して、優雅に暮らそう!
というような番組が放送されていました。

オーストラリア一周

豊かな自然の中で暮らす人たちの映像は、20代(当時)の私にとってもとても魅力的で、画面に見入っていたところ、

「移住の許可を得るためには、オーストラリアの銀行に5000万円以上の預金が必要になります。」
と、冷水を浴びせるような素敵な情報が(笑)

流石に出演者のタレントさん達も、それじゃあ無理だよ・・・みたいな雰囲気になったんですが、そこでMCの女の人が、

「実は、日本人のリタイア世代の平均貯蓄額は5000万円~6000万円くらいなんです!だから普通の方でも十分移住は可能なんですよ!^^」

な、何を・・・私は絶句しました。
その後、何事も無かったかのように番組は進行していましたが、出演者の人たちの表情が引きつったのを私は見逃しませんでした。

格差社会において、平均値はほとんど意味を持ちません。
極端な話をいえば1万人くらいの統計を取ってもその中にビル・ゲイツ社長が混ざっていたら、平均値でいえばお金持ち集団になってしまいますからね^^;

日本人全体の貯蓄額の平均は1400万円台、でもこれを平均値ではなく中央値という値(順位を付けていった時に真ん中の人の値)に直すと800万円くらいに下がるそうです。
しかも、今は1/4以上の人たちが貯金ゼロということなので、本当に”一般的な庶民”が持っている貯金はもっと少ないのではないかと思います。

統計によると、給料の額も会社によって格差が拡大していて、低い会社では社内の平均年収が200万円程度、高い会社では1500万円くらいの会社もあるそうです。

ここまで差が開いていると、いわゆる下層社会人たち(私ももちろんそうです)は
「平均値なんて聞きたくない!」っていう気分になるのではないでしょうか?
・・・なんとも無情です。

ちなみに私は、年収150万円以下で中間管理職の仕事をしていた事があります・・・(涙)

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

【2006/05/18 21:58】 | 疑問に思うこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<一体何を評価してくれるの? -不可解な成果主義- | ホーム | 労働と格差社会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://roudousha.blog20.fc2.com/tb.php/34-46e3e0e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。