FC2ブログ
仕事の評価方法の不公平
成果主義を導入している会社では、仕事の成果が給料にそのまま反映されるので、どれだけ評価されているかという事は非常に重要です。

また、年功序列型の会社であっても、ボーナスや人事など何らかの部分で仕事の評価というものが関わってくると思います。

更に、アルバイトやパート契約社員の時給も働きぶりによって変化する場合もありますから、我々労働者はほぼ全員が何らかの形でいつも点数を付けられていると言えるのかもしれません。

asicsグラウンド・ゴルフ用品スコアカード大判(耐水)雨にも汗にも負けない!最強のスコアカード!←スコアカードです。ゴルフのですけど(笑)

ビジネスである以上、これは当然と言えば当然なのですが、とても疑問に思うのが
なぜ上司が部下を評価するのが当たり前で、部下が上司を評価する制度が一般的ではないのか?
という事です。

もちろん最終的な評価を下すのが平社員では困りますが、部下にも言い分があるでしょう。

上司の指示の方法によっても仕事がスムーズに行かないことがありますし、好き・嫌いで部下に対する態度を変えたり公正な評価をしない人もいるはずです。

経営者や上司の上の上司(ややこしくてすみません・・・)がこれを完全に把握するのは不可能でしょう。
組織が大きくなれば末端にまで目が届かなくなるでしょうから、普段の態度や職場の雰囲気から察するというのではあまりにも不十分です。

上司が閻魔様のように部下を一方的に評価する制度では部下は上司に頭が上がりません。
もちろん両方に評価する制度があっても威張る人は威張るでしょうが、一方的に評価されている場合のようなパワーハラスメントは少なくとも緩和されるのではないかと思います。

部下・上司を問わずお互いにどんな評価をされているかをトップの人間が見れば、
・部下から慕われているけど実績はあげていない上司
・実績は上げているけど部下に無理をさせている上司
・一部の人には嫌われているけど一部からの評価は高い上司
などという事がわかってくるでしょう。。

また、数値化したデータだけでなく、社内でその人物がどんな風に思われていて何が仕事にとってプラス・あるいはマイナスになっているのかというデータを集めれば、問題点を見つけ出したり組織の改革を行う上でとても貴重な資料になるのではないかと思います。

もちろん、一番トップの人間が不公正な人物だったらどうしようもないんですけどね^^;


by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト



テーマ:労働基準法と職場環境 - ジャンル:就職・お仕事

【2006/06/15 22:02】 | 疑問に思うこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<本当は会社、儲かってるんじゃないの? | ホーム | 一体何を評価してくれるの? -不可解な成果主義->>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://roudousha.blog20.fc2.com/tb.php/36-b0fc7a47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |