FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
私の偽装請負体験
偽装請負(偽装派遣とも言います)は業務請負で契約を結びながら、実際には客先に労働者を派遣して働かせる業務形態です。
偽装請負の問題点についての詳しい解説は本サイトを参考にして頂くとして、今回は私の偽装請負体験について書きたいと思います。

労働者派遣と請負・業務委託・出向の実務

それは転職活動をしていた私が、あるIT系の会社に面接に行った時の話です。

その会社の募集要項には『客先への派遣』という解説はなく、ただプログラマ・SE募集とだけ書いてありました。

実際に面接に言ってみると客先での仕事という話だったのですが、IT業界での経験が皆無に近く偽装請負についての知識も無かった私は
「この際わがままも言っていられないだろう・・・」
と考えて、とりあえずその会社にお世話になることにしたわけです。

しかし、これが間違いの始まりでした。

勤務条件として、受け入れてくれる客先が決まるまでは無給扱い。
つまり、私にお金を支払ってくれる会社が見つかるまで給料は出ないのです。

これは一応違法行為に当たるらしいのですが、その会社は客先企業が決まるまでを『仮契約』と称して実際の契約手続きを一切行わないという方法を取っていたので、もしかしたらそれで法の目を逃れるつもりだったのかも知れません。

そして『仮契約』期間中の移動交通費等は全て自費扱い。
収入も無いのに、客先企業との面接の度に往復の交通費を負担するのは正直辛かったです^^;

しかし、そんな事はたいした問題ではありません。

ある時客先企業との面接に行くと、はじめに紹介されたのが客先企業の担当者ではなく、別の企業の営業担当者。

「この人に付いていって下さい。」
と言われて付いて行くと、更に別の会社の営業担当者に引き合わされて、

「この人に付いて行ってください。」

『仮契約』した会社の紹介のそのまた紹介の紹介でやっと客先企業の人事担当者に会うことができたのですが、提示された給料の額が恐ろしく安いのにビックリしました。

そりゃそうですよね。
私の受け取る報酬から、3つの会社が利益を吸い上げているわけですから・・・

このような2重(私の場合は3重)派遣は労働基準法に違反した行為なんですが、当然の様に行っている会社も沢山存在するようです。

結局、嫌気がさしてこの会社との『本契約』は辞退したのですが、電話で数時間に渡って嫌味を言われてしまいました^^;まあ、身から出たサビなんですけどね。

就職、転職活動を行っている方、偽装請負・偽装派遣にはくれぐれも気をつけて下さい。

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト

テーマ:労働基準法と職場環境 - ジャンル:就職・お仕事

【2006/07/27 20:11】 | 職場環境 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<世界で90番目に幸せな国 | ホーム | 経営難の責任を取るのはだれ?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://roudousha.blog20.fc2.com/tb.php/39-4cd0cd9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。