FC2ブログ
残業代ゼロ時代の到来?
昨日新聞に、ホワイトカラーエグゼンプションに関する記事が掲載されているのを目にしました。

ホワイトカラー・エグゼンプションとは一定の条件を満たす労働者について、労働時間に関係なく賃金形態を決めるという制度(詳しくはこちら)ですが、労働者にとって非常大きな影響がある問題にも関わらず、今一つメディアでは話題に上る機会が少ないな・・・と感じていた矢先でした。

ホワイトカラー・エグゼンプションは運用方法によっては残業代を支払わなくても労働者を働かせ放題という経営者にとってはとても有利な制度ですから、法案が成立するまで意図的に新聞・テレビなどのメディアで問題として取り上げないようにしているのではないか?という意見もあったくらいです。

そして新聞の記事を読んだ限りでは、ホワイトカラーエグゼンプションに関する記述が少々「経営者寄り」かな?とも感じました。概要としてはこうです。

・労働形態によっては単に労働時間で仕事量を判断できない
・「残業代狙いの残業」の容認は不公平・非効率である
・よって労働時間によらない賃金制度の導入が検討されている
・適用は一定以上の年収がある労働者のみ
・一部では反対意見も多く、調整が難航しそうだ

確かにこれらは事実なのですが、現状の労働社会の問題を踏まえた上で考えないと問題の深刻さが伝わってきません。もしもこういう記事構成だったらどうでしょうか?

・多くの労働者がサービス残業を余儀なくされている
・不当なみなし残業や管理監督者扱いなど、制度悪用による人件費削減も多い
・さらに残業代をカットできる可能性がある新たな制度が検討されている
・適用は年収400万円程度の一般的サラリーマンにも及ぶ
・このままだと労働者の意見が無視されたまま導入されてしまいそうだ

私は後者が正しいと思います。
年収400万円程度のサラリーマンの多くは、自分の裁量で仕事の時間を決定する権利などありません。上司に管理され、同僚の顔色を伺いながら残業働いている人がほとんどでしょう。

←実際問題として「しない」のは困難です。

そして今でも労働時間だけにとらわれない賃金制度を幹部社員や労働時間の変則的な労働者などに適用する方法は存在しているので、本当に「効率化」が目的で仕事量が適正であれば、ホワイトカラーエグゼンプションなど無くても十分に対応できるのではないでしょうか?

ちなみにホワイトカラーエグゼンプションが既に導入されているアメリカでは、制度の対象になった労働者の残業時間が増加しているそうです。

これを本当に「効率的で公平な賃金制度」と言えるのかどうか、非常に疑問の残るところです。

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト



テーマ:労働基準法と職場環境 - ジャンル:就職・お仕事

【2006/11/27 22:01】 | 疑問に思うこと | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<労働者の未来~日本の政治は大丈夫?~ | ホーム | 生活のレベルを落とそう>>
コメント
ありがとうございます^^
元労働者さん、いつもお世話になってます^^
掲示板でも助けていただいて、本当に感謝してます。

これからも末永く、よろしくお願いします。
m(__)m
【2006/12/05 22:34】 URL | いち労働者 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://roudousha.blog20.fc2.com/tb.php/48-c14c2e35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |