スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
労働者の未来~日本の政治は大丈夫?~
先日、ホワイトカラーエグゼンプションについての記事を書きましたが、労働環境に関わる様々な法律を定めているのは、当然政治の世界です。

ところで、政治の現場でどんな議論が行われているのかについて、我々労働者はあまり馴染みがありませんが、非常に興味深いページを見つけたのでお知らせしたいと思います。

労働基準法関連ではありませんが、首相官邸のサイト上に掲載されている教育再生国民委員会の議事録らしきページです。
http://www.kantei.go.jp/jp/kyouiku/1bunkakai/dai4/1-4siryou1.html

タイトルは「子どもへの方策」「大人や行政が主体となって家庭、学校、地域で取り組むべきこと」と非常に重要な内容ではあります。

しかし、内容を詳しく見ると目が点になることでしょう。

例えば子供への方策の「家庭が行うこと」の欄、

・団地、マンション等に「床の間」を作る


???
なんで床の間なんでしょうか?
礼儀作法を身につけるという事が言いたいのかも知れませんが、今一つ論点がズレているような気がします。

次に「小学校高学年」の欄、

・教育の責任は当人50%、親25%、教師12.5%、一般社会12.5%であることを自覚させる

???
教育というのは教える事ですよね?それなのに小学生当人の責任が50%?
もちろん教育を受ける側の姿勢も大切だとは思いますが、それは「教育の責任」ではないのではないかと・・・

更に「大人や行政が主体となって家庭、学校、地域で取り組むべきこと」
の行政の欄、

・子どもを厳しく「飼い馴らす」必要があることを国民にアピールして覚悟してもらう


首相官邸のドメイン内に掲載されている文章とは思えません。毅然とした態度での教育は必要かもしれませんが「飼い馴らす」という表現はどうでしょうか?

そしてもう一つ、
・バーチャル・リアリティは悪であるということをハッキリと言う


もはや開いた口が塞がりません。確かにマイナス面もあるかもしれませんが、「悪」と切り捨てるのは極めて一元的で偏見に満ちた考え方だと思います。

大人数で議論をしていると、その内容があらぬ方向に逸れて行ってしまう事も確かにあります。
しかし、教育再生国民委員会で話し合われている内容がこれでは困ってしまいます。

この議事録らしきページがブレインストーミング(発想 実現可能性などにしばられず自由な意見を集めることにより自由な意見を集めること)の記録だとしても、最低限「飼い馴らす」などといった不適切な表現は修正、あるいは削除して公開すべきです。

労働法に限らず、我々の生活に直結する法律・法案に関してもこのように論点がズレた内容で話し合いが行われているのではないかと思うと、日本の将来が心配でなりません。

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

【2006/12/24 20:34】 | 疑問に思うこと | トラックバック(2) | コメント(0) | page top↑
<<個人的思考・社会的思考 | ホーム | 残業代ゼロ時代の到来?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://roudousha.blog20.fc2.com/tb.php/49-c676e893
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【日本の政治】について
日本の政治日本の政治(にほんのせいじ)は、日本国憲法に定められた体制に基づいて行われる。そのため、日本は、立憲主義に基づく国家であると言える。また、日本の司法・行政は、憲法と国会が定める法律以下、明文化された法令に基づいて行われる。そのため、日本は法治国 日本邂逅【2007/04/08 18:42】
-
管理人の承認後に表示されます【2007/05/23 07:45】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。