FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
就職氷河期とニート・フリーター問題
バブル経済の崩壊により、1993年から2004年くらいまでの期間に学校を卒業して社会人となった人たちは、非常に厳しい求人難のなかで社会に出ることを余儀なくされました。

いわゆる「就職氷河期」という時代です。


かく言う管理人もそんな就職氷河期に就職活動をしていた人間の一人ですが、確かに当時の就職戦線はかなり厳しいものがありました。

まず、必要な知識を学校で身に付けて卒業しても、希望の職種に該当する求人そのものが無いのです。
管理人はある分野の研究職・技術職での就職を希望していたのですが、学校に集まった求人情報のなかから全ての会社を検索しても、募集人数はなんと日本全国でたったの2社、人数にして計3人という始末。

企業側の対応も非常に強気(横柄?)で、問い合わせの為に電話かけても「それくらい自分で調べてください」というような対応をされたり、書類先行の為に遠隔地から履歴書だけ持参させて(なんと郵送不可!)返事すらよこさなかった、なんていう話も聞きました。

だから同期の学生達は、毎日実験室で科学技術の研究をしていたにも関わらず、そのほとんどが外回りの営業職や、食品工場などの工員として就職していきました。

それでも正社員として雇用されればまだ良い方で、就職氷河期に社員になれなかった世代からは、フリーターやニートになる人が多数生まれたと言われています。



フリーターやニートの問題に関して、一方では「国の責任」「社会の責任」などとも言われていますが、個人的には国や社会の責任だけで解決するのは難しいのではないかと思います。

そもそも不景気と人工バランスが原因で求人難が起こっている以上、根本的なレベルで解決できない限り、問題の発生は避けられないでしょう。

「正社員雇用に前向きな会社に補助金を出す」というような制度を作る事も、景気の低迷によって税収が減っている状況では難しいはずです。

どうせ最後は自己責任と言われてしまうんでしょうから(笑)せいぜい希望の職種じゃなくても自分が興味のある分野の会社に就職して部署異動を狙うとか、思いっきり希望条件のランクを落として技術を身につけたらさっさと転職するのが賢い選択なんでしょうね。

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト

テーマ:就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報 - ジャンル:就職・お仕事

【2008/04/27 13:33】 | 職場環境 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<二重派遣の悲しき現状 | ホーム | 会社が潰れる確率は?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://roudousha.blog20.fc2.com/tb.php/75-7184d1ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。