FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
喫煙休憩はOK?NG?
ここ20年くらいで急激に禁煙の施設が増えたり、分煙化が進んだりしていますが、まだまだ日本は世界的に見れば、タバコが安くて喫煙者も多い国。

会社には喫煙所が設けられていて、ちょっと一服・・・なんて席を立ってタバコを吸いに行けるという環境で働いている人も多いのではないでしょうか。



特に経営者や重役が喫煙者である小さな会社では、喫煙者を中心に職場のルールが決まっている場合も多いでしょう。

しかし、これはタバコを吸わない人から見れば明らかにおかしな話です。

そもそも、タバコというのは嗜好品。しかも人に迷惑をかける部類の嗜好品です。
よく「有害だ!」といわれている副流煙だけではなく、喫煙所から帰ってきた人の吐く息の臭いも、非喫煙者にとってはかなりのストレスになっているわけです。

タバコは文化として古くからあるものだし、その存在を完全に否定するのはナンセンスでしょう。一応納税もしているわけですし(笑)喫煙者の中にも、周りに配慮して、マナーを守っている人はたくさんいると思います。

それでも、喫煙者にだけ「タバコ休憩」があるような会社、もしくは暗黙の了解的に認められている会社は、明らかにおかしい。

もちろん、計画的に割り振られた休憩時間を喫煙に使うのなら話は別です。
「昼休みとは別に30分の休憩を自由に使える」というように決まっていて、それを自由に使えるのなら合理的だし公平でしょう。

しかし、嗜好品をたしなむために堂々と仕事を中断しても許されるなら、タバコ休憩だけでなく、ゲーム休憩も、読書休憩も、アロマ休憩も、プリン休憩もアイス休憩も認めるべきですよね?(笑)



色々な方の相談に乗っていて思うのですが、そういう不公平なルールで動いている会社は往々にして労働基準法も無視している事が多いように感じます。

まあ、苦情を訴える人が喫煙天国な会社で働いている割合を調べたわけではないので確かな事は言えませんが、そういう細かい部分にこそ会社や経営者の考え方、体質が出てくるものだと思うのです。

by 『労働基準法違反を許すな!労働者』
スポンサーサイト

テーマ:労働基準法と職場環境 - ジャンル:就職・お仕事

【2008/08/16 22:49】 | 疑問に思うこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<働き一両、考え五両 | ホーム | 電車の中でどうやって過ごす??>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://roudousha.blog20.fc2.com/tb.php/82-b8d23bf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。